杉の家|杉格子の中庭のある家 (外観 3)

外観 3

風と光が通る空間 中庭 ルーフテラス 外観夜景 長いアプローチ 水平基調のフォルム シンプルモダン

杉の家|杉格子の中庭のある家 (リビングと杉格子の中庭テラス 2)

リビングと杉格子の中庭テラス 2

杉の家|杉格子の中庭のある家 (杉格子の中庭 2階ルーフテラス)

杉格子の中庭 2階ルーフテラス

杉の家|杉格子の中庭のある家 (道路から見る 杉格子と引戸の入口)

道路から見る 杉格子と引戸の入口

杉格子は、道路からプライバシーを守りながらも、風を通す仕組み

杉の家|杉格子の中庭のある家 (オリジナル対面キッチンよりリビングを見る)

オリジナル対面キッチンよりリビングを見る

ステンレスと木無垢材のオリジナルキッチン

杉の家|杉格子の中庭のある家 (オリジナル対面キッチンをリビングより見る)

オリジナル対面キッチンをリビングより見る

ステンレスと木無垢材のオリジナルキッチン

杉の家|杉格子の中庭のある家 (ガラス戸越しに見るリビング)

ガラス戸越しに見るリビング

杉の家|杉格子の中庭のある家 (杉格子の中庭 緩やかなアプローチ階段 1)

杉格子の中庭 緩やかなアプローチ階段 1

杉格子の影を楽しむ 玉砂利洗い出しの中庭回遊式の長いアプローチ

杉の家|杉格子の中庭のある家 (リビングと杉格子の中庭テラス 1)

リビングと杉格子の中庭テラス 1

杉格子の中庭と自然石貼りのアプローチ

杉の家|杉格子の中庭のある家 (リビングより見る杉格子の中庭)

リビングより見る杉格子の中庭

中庭のある家

杉の家|杉格子の中庭のある家 (和室から見る 杉格子の中庭)

和室から見る 杉格子の中庭

杉の家|杉格子の中庭のある家 (杉格子の中庭から見る玄関とリビング)

杉格子の中庭から見る玄関とリビング

杉の家|杉格子の中庭のある家 (杉格子の中庭により落ち着いたリビング)

杉格子の中庭により落ち着いたリビング

土地の高低差を生かして、杉格子の中庭は回遊式の長い階段アプローチとなっています。土間テラス突き当たりは玄関。

杉の家|杉格子の中庭のある家 (バスルームと洗面)

バスルームと洗面

杉の家|杉格子の中庭のある家 (中庭との一体感を保ちながら、プライバシー確保出来る雪見障子)

中庭との一体感を保ちながら、プライバシー確保出来る雪見障子

開放的なリビング空間は、中庭との一体感を重視していますが、道路面からの高低差でプライバシーは守られていて、さらに、雪見障子で、その度合いを調整できます

杉の家|杉格子の中庭のある家 (中庭から見る 杉格子と引戸の入口 その影)

中庭から見る 杉格子と引戸の入口 その影

杉の家|杉格子の中庭のある家 (杉格子の中庭から続く 坪庭の枕木)

杉格子の中庭から続く 坪庭の枕木

リビングの横長の足下スリット窓から 楽しむ空間

杉の家|杉格子の中庭のある家 (外観 1)

外観 1

外観 杉 格子 和モダン

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
14

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, エクステリア(庭・外構)

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

大阪府吹田市五月ヶ丘

敷地面積

120㎡

敷地の特徴

傾斜地

延床面積

168㎡

階数

2階建て

間取り

4LDK以上

期間

設計:10ヶ月 、施工:7ヶ月

完成時期

2013年01月

間取り

杉の格子で囲われた中庭|五月が丘の家

街路に面した杉の柱の格子で囲われた中庭は、落ち着いたスペースです。
中庭の緑を中心とした緩やかなアプローチと、外部空間に大きな開口部で中庭とリビングが一体となります。既存の地下コンクリートの上に木造二階を建てた混構造です。

通りに対してはその軽やかな柱のピッチによって圧迫感がないようにし、住まい手に対してはプライバシーを保ちつつ、光と風を取り込みます。内と外のゆるやかに開かれた杉の格子スクリーンです。

通りに対して閉じるのではなく、杉の格子の列柱にでゆるやかに開かれた中庭がこの家の大きな特徴です。木製の建具を開放すれば室内と庭が融合され、空気感が室内に入り込みます。
この家は外部との関係性を完全に断ち切らずに杉の格子で「境界」を考えてみました。

・杉の家|杉格子の中庭のある家の特徴。

・杉格子で囲われ街路にゆるやかに開かれた中庭。
・傾斜地の高低差を利用した中庭、緩やかな回廊で玄関までアプローチ。
・地下コンクリートのガレージを再利用し、その上に建てた杉の家。
・杉の家は市街地でも作ることは可能です。
・キッチンは、無垢板でできたアイランドキッチン。
・和室は離れ的な存在で、玄関で分かれている。
・内と外との境界はなくなり、リビングと中庭は空気感がつながる。

・ゆるやかに開かれた中庭。その1

中庭は通りに対し閉じるのではなく、開かれつつもいかに快適にできるのか。杉格子のスクリーンで境界をつくり、ゆるやかに開かれた中庭を創りました。

格子はとても綺麗な光と影を演出し、通りからもその空気感や気配が共有。レベルの上がったリビングと中庭、一体化するスペースが生まれました。住まい手はプライバシーを保ちつつも、その空気感や気配をも感じられる中庭です。

杉の格子の透けた壁のおかげで、開かれつつも心地よい場所となり、中庭がこの家をつつみこんでくれています。

・
ゆるやかに開かれた中庭。その2

この杉の格子の中庭には、じつは土地に約3mの高低差があります。小さな中庭でこの段差を登り切るには、すこし狭すぎるような庭です。

それを解消するため、ゆるやかなスロープ状の階段を設置してみました。いわば緑の庭をぐるりと廻って、登ってくるようなアプローチです。

また玄関までの距離がが長くなりましたが、回廊のようなアプローチを演出。杉格子のスクリーンでゆるやかな境界を設けたことで、その格子の光と影が中庭にさまざまな表情を演出します。プライバシーを保ちつつも、その空気感や気配をも感じられます。

・ゆるやかに開かれた中庭。その3

リビングの大きな開口を開ければ、内と外とが融合しその空気感あふれる広間です。

大きく開口を開けていられるのも、安心感ある中庭があるからこそ。その杉の格子スクリーンの、ゆるやかな境界があるおかげです。リビングもプライバシーを守られつつ、光と風だけではなく空気感や気配さえも感じられます。

冬の朝の日差しは、このリビングの奥まで差し込み、中庭の木々の影が、床のフローリングにおとします。とても爽やかな冬の朝には感動的なシーンも現れ、なにか安堵感を感じられる中庭のある家となりました。

いい家!
14

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

大阪府大阪市淀川区西中島1-9-16、新大阪ストロングビル801

対応エリア

三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,100〜3,000万円

60平米 フルリノベ

720〜900万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

中庭のある家|水谷嘉信建築設計事務所さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード