二世帯住宅

「桜上水の家」トンガリ屋根の木造3階建て住宅

実施エリア:

東京都

延床面積:

145平米

内容:

都心の密集市街地に計画した木造3階建ての2世帯住宅です。
既存の2階建て住宅は、敷地一杯に建っていたため、アプローチも狭く、室内には光の届きにくい暗い空間がありました。

建て替えに際しては、平面をコンパクトにまとめ3階建てとし、隣地からできるだけ「引き」がとれるように計画しました。

しかし、3階建てのヴォリュームは周辺との関係を見ると似つかわしくない。そこで庇のラインを2階建てのレベルにキープしたまま、屋根を肥大化させることで、3層目の空間を生み出す計画としました。

これにより、外部からは一見2階建てのようだけど実は3階建て、という住宅がうまれました。建物の四周に十分な隙間をとった上で、トップライト・庇裏の窓・小さなバルコニーなど、いろいろな開口部を設けたことで、どの部屋にも明るく風の通る快適な住宅となっています