注文住宅

下丸子の住宅

面積:

63㎡

エリア:

東京都

実施時期:

2012年竣工

内容:

「狭小」って何がいやなんだろう?と改めて考えてみたら
「何となく縮こまって周りに遠慮しないといけない感じ」
がイヤなのだと気付きました。
ということで、『四方八方に伸びをするような家』です。

ちょっと過剰気味の凹凸や、アチラコチラに向いた窓、
一見トマソンな吹抜、
螺旋運動が強調された階段、・・・

大きくジャンプするときに一瞬屈んで力を溜めるように、
ギュッとコンパクトだったり色々と接近していたり。。。

さしずめ空間の柔軟体操とでも言うようなこれらの「動き」が
生活に活気とリズムを与えてくれるのではないかと期待しています。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

アトリエハコ 七島幸之+佐野友美

建築家 / @東京都

生活必需品を<既製品を選ぶ>ことによって入手する現代、住宅を<一から作る>ことが出来るのはある意味<奇跡>だと思います。施主がこの機会を心から楽しめるよう<一から作る>メリットを活かせるよう、お手伝いします。驚きと発見に満ちた施主の個性が最大限反映された<生活の容器>を自由で柔軟な発想で追求します。

この専門家のプロジェクト一覧

この専門家のそのほかのプロジェクト

このプロジェクト事例に関連するキーワード