注文住宅

S.H._House

エリア:

東京都豊島区

実施時期:

2009.06.竣工

内容:

下町の雰囲気の残る小さな敷地に、ご夫婦のための心地よい場所を様々に詰め込んだ家です。
1階が9.5坪、2階が9坪という限られた空間を最大限に生かしています。
外観の格子の一部は門扉兼用で引き戸になっています。

東南の角を中庭のようにして、そこを格子で囲んでいます。
中庭は玄関ポーチであり、その上にはベランダ。
ベランダを囲むように2階の和室と居間があり、
プライバシーが確保された大きな開口部から光と風を取り込みます。

居間からロフトへ上がる部分は天井高を高く5mあります。
そこには天窓をもうけ、光が降り注ぎます。
限られた空間ですが天井の高い部分をもうけることで開放感が生まれます。

洗面脱衣はハイサイドライトで明るく。
浴室とは透過性のある間仕切りで一体感をもたらすようにしています。

玄関はシンプルに。
二階へ上がる階段から自然の明かりが落ちるようにしています。
空気集熱式の太陽熱利用システム「そよ風」により、太陽熱で建物全体の温度を上げることができるため、オープンプランニングが可能となり、階段で上下がつながっています。

この住宅事例を手掛けた建築家

古川泰司

建築家 / @東京都

家はプリミティブなものです。家が住まい手と密接につながっている。家は人を守り人を待つところ。それこそが家。 家はそのようなものであって欲しい。住むこと、暮らすこと、その原点に立った家づくり。そんな家づくりのお手伝いが出来ればと考えています。