注文住宅

しろもとのいえ

エリア:

福島県二本松市

内容:

人通りの多いに全面道路に沿って、長屋門のように下屋を配した住宅。下屋部分は、外室、玄関、納戸、パントリーで構成され、雑踏から室内を守る防犯・防音のための正に『門』であり、周囲との距離感を調整する役割を担う干渉帯でもあります。下屋の外壁を焼杉鎧張りとしているのは、城下町である町のアイデンティティーを呼び起こすことを意図しています。屋内環境を守りながら、如何に周辺環境に溶け込むことができるのかという関係性を追求しています。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

清 利幸

建築家 / @福島県

設計とは、気持ちいい空間を考えることだと思っています。 光や風、緑といった外にあるいいものを如何に内部に取り入れるかを大切にしています。 クライアントや周辺環境に思いを巡らせ、一過性の流れに左右されない普遍的な芯の強い空間を設計することを追い求めながら、日々建築と向き合っています。