海沿いのマンション最上階のフルリノベーション (海の見える気持ちのいいLDK)

海の見える気持ちのいいLDK

天井はメーカーに特注で作成してもらった40mm間隔で溝を入れたウォルナット、無垢のウォルナットフローリング、壁は珪藻土左官仕上げとし、上質で静謐な空間となるようにしています。外部サッシのガラスがシングルガラスで結露していたので、すべて真空ガラスに入れ替えています。

海沿いのマンション最上階のフルリノベーション (海の見える気持ちのいいLDK)

海の見える気持ちのいいLDK

通常ある浴室の壁がガラスなので、非常に開放感のあるLDKとなりました。もし普通の壁なら印象が全く違ってきます。外部サッシのガラスがシングルガラスで結露していたので、すべて真空ガラスに入れ替えています。

海沿いのマンション最上階のフルリノベーション (ガラス張りの浴室)

ガラス張りの浴室

海がよく見えるようにとのご要望からガラスの浴室になりました。もともとユニットバスだったので、造作の浴室になると物件自体の印象が変わります。隠したいときはガラス上部に沿って天井に埋め込んであるブラインドを下ろすことができます。洗面器や水栓金具はすべてFONTEのものを採用しています。

海沿いのマンション最上階のフルリノベーション (ガラス張りの浴室)

ガラス張りの浴室

海がよく見えるようにとのご要望からガラスの浴室になりました。もともとユニットバスだったので、造作の浴室になると物件自体の印象が変わります。隠したいときはガラス上部に沿って天井に埋め込んであるブラインドを下ろすことができます。洗面器や水栓金具はすべてFONTEのものを採用しています。

海沿いのマンション最上階のフルリノベーション (ll型オーダーキッチン(CUCINA))

ll型オーダーキッチン(CUCINA)

キッチンはCUCINAのオーダーキッチンです。天板は天然御影石ブルーパール本磨き。目の高さに収納が無いので非常にすっきりとした美しい空間に仕上げることができました。

海沿いのマンション最上階のフルリノベーション (天井までの高さの引き込み戸)

天井までの高さの引き込み戸

ウォールナット突板仕上げの引き込み戸は高さが天井まであるので、引き込んだときに垂れ壁もなく元々戸がなかったかのように隣の部屋と一体になった広い空間になります。

海沿いのマンション最上階のフルリノベーション (天井までの高さの引き込み戸)

天井までの高さの引き込み戸

ウォールナット突板仕上げの引き込み戸は高さが天井まであるので、引き込んだときに垂れ壁もなく元々戸がなかったかのように隣の部屋と一体になった広い空間になります。

海沿いのマンション最上階のフルリノベーション (海の見える気持ちのいいLDK)

海の見える気持ちのいいLDK

海に面しているので、カーテンレールは用意していますが、カーテンを付けることなく開放的に生活しておられます。昼間に海を見ながらのシャワーが格別だとおっしゃっていました。外部サッシのガラスがシングルガラスで結露していたので、すべて真空ガラスに入れ替えています。

海沿いのマンション最上階のフルリノベーション (ガラス張りの浴室)

ガラス張りの浴室

もともとユニットバスだったので、造作の浴室になると物件自体の印象が変わります。必要に応じて天井に埋め込んだブラインドで部屋を隠すことが出来ます。洗面器や水栓金具はすべてFONTEのものを採用しています。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
15

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

兵庫県神戸市

費用

設計・施工:1400万円(設計・監理費用含まず)

延床面積

90㎡

施工面積

90㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (スケルトンリノベーション)

期間

設計:4ヶ月 、施工:2.5ヶ月

完成時期

2017年02月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

神戸市の瀬戸内海沿いに建つ、マンション最上階の改装。中古購入時、内装はともかく環境は素晴らしいものがありました。南の窓からは海が一望でき、晴れた日には時々バルコニーにカモメがやってきたりします。今回考えたのは、静かにこの眺望と生活するための空間です。
マンションの部屋の内部というのは、大きな柱や梁による凸凹が目立ちがちです。そうしたノイズを目立たないよう処理し、また、各素材もマンションでよく使用される塩化ビニール等ではなく本物の木、石、タイル、土を採用、天井にはメーカーに特注で作成してもらった40mm間隔で溝を入れたウォルナットの材を張るなど、上質で静謐な空間となるようにしています。開口部はシングルガラスのアルミサッシであったため、すべて真空ガラスに入れ替えました。洗面と浴室はガラス張りで、朝や昼には海を見ながら入浴することができ、隠したいときには天井に埋め込まれたブラインドを下ろします。LDKに面した寝室と書斎の天井までの高さの建具を壁の中に引き込むと、天井がひと続きのより開放的な空間になり、家のどこからでも海を眺めることができます。
こうした要素、ディティール、素材ひとつひとつの注意深い積み重ねと、それらを統合する方向性があって初めて物件の持つポテンシャルを引き出し、機能的かつ美しい空間を形づくることができます。

リノベーション前の写真

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!
15

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

NOMA/桑原淳司建築設計事務所

NOMA/桑原淳司建築設計事務所

ひっそりと小さな設計事務所を営んでおります。 ひとつの物件に対して多くの時間を割き、充分な検討を重ねることで、時間の経過に耐えうる誠実な建築を、空間を生み出していくことが使命であると考えています。そのためには、居心地や気持ち良さといった内面的で目に見えない感覚が大切になってきます。そのあたりを共有することができるとすばらしいものが生まれます。 Instagramもひっそりとやっておりまして、「noma 桑原」などと検索して頂けると出てまいります。オレンジの風船が目印です。

所在地

大阪府大阪市西区江戸堀2-7-32-307

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

NOMA/桑原淳司建築設計事務所さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード