注文住宅

下北方の家/宮崎市の住宅

面積:

69㎡

築年数:

1年

エリア:

宮崎県宮崎市

内容:

中間期の長い宮崎にあるので外の庭を含めて内外の検討している。予算のすべてを建築に使うのではなく最初は夫婦2人で十分暮らせるだけの建物とし、北庭には将来的に子供が出来たら子供部屋として小屋を増築して増やしたり、書斎として増築したりする余地を十分に検討しながら配置を計画し、庭の成長と家族の成長が呼応するようなフレキシブルな建築を目指している。
 宮崎は冬でも比較的温かく、四季を通して日照と降水量が多いのが特徴であり建築のプラン等に比較的ダイレクトに表現している。寄棟の屋根、外壁の杉板は昔からこの地にある外観で、夏の強い日ざしを防ぎ、雨からも建築を守る。内部は漆喰に床は杉の厚板で一般的な仕上を使用している。内部は通風に十分配慮し、床下AC1台で十分に暖まる((冷える))大きさで、夏は南面の灌水パイプが敷地にある井戸からくみ上げた自然水((井戸水))を撒く事で、気化熱の効果を期待している。

撮影=Nacas&Partners Inc_中道淳

撮影=Nacas&Partners Inc_中道淳

撮影=Nacas&Partners Inc_中道淳

撮影=Nacas&Partners Inc_中道淳

撮影=Nacas&Partners Inc_中道淳

撮影=Nacas&Partners Inc_中道淳

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

山田伸彦建築設計事務所

建築家 / @東京都

住宅は一番長い時間を過ごす場所ですので時間が経っても一緒に歳をとっていけるような誠実な家がいいと思っております。