注文住宅

焼杉を使った店舗付き住宅|世田谷のShop&House

面積:

114㎡

築年数:

2015年

エリア:

東京都

内容:

世田谷の住宅街に建つ店舗付き住宅。
店舗部分の外壁には焼杉の粗磨きを張っています。

店舗の床面積を優先するため、住宅の玄関と階段はコンパクトにしつつも、家族が毎日使う階段は高揚感のある空間にしたいと考えました。
視線の向かう先に自然光が入るようにし、階段で仰ぐ木の天井が、リビングダイニングの勾配天井へと連続するデザインとしています。
また、プランニング上、トイレが家の中央にならざるを得なかったため、トイレの真上にトップライトを設け、さらには隣接するピアノコーナーへも欄間を介して光が届くようにしました。

店舗部分は、自転車のメタル感を惹き立てるために、壁・天井すべて構造合板を使ったラフな空間にしつらえる一方、店頭のサインは客層にあわせ、かわいらしく判りやすいロゴデザインに。

バックヤードから売り場を見る。 右手が住宅への入り口。 店舗の床面積を優先するため、住宅の玄関はコンパクトにしています。

店舗部分は、自転車のメタル感を惹き立てるため、壁・天井に構造用合板を用いたラフな空間に。

玄関から見た踊り場。 高揚感のある空間に仕上げるため、階段で仰ぐ天井はリビングダイニングの勾配天井へと連続するデザインとしています。

リビング・ダイニングの傾斜天井の頂部に設けられた高窓からは自然光が射し込みます。

キッチンからリビング・ダイニングを見る。

リビング・ダイニングから対面キッチンを見る。

店舗部分エントランスの夜景。

1階は撥水材を塗布した焼杉粗磨き。

この住宅事例を手掛けた建築家

白崎泰弘・治代

建築家 / @東京都

シーズ・アーキスタディオは、機能的でありながら、住み手の心に響くデザインを心がける一級建築士事務所です。 建築家 白崎泰弘・白崎治代のパートナーシップにより設計をしています。 男女両方の目線から設計し、木造や鉄筋コンクリート造といった構造は案件ごとに相応しいものを提案するのが私たちの特徴です。