マンションリノベーション

バーチ材の心地良さ

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、土地・物件探しを担当

バーチ材の心地良さ (リビング)

リビング

居心地が良い理由は、バーチ材の無垢フローリング カバザクラとも呼ばれるバーチという樹種の無垢フローリングを床材に使用した、木のぬくもりを感じるリノベーション。ネイビーの壁が映えるLDKには、所々に黒を取り入れたり、シックで落ち着いた雰囲気のタイルを貼ったりと、ナチュラルなだけじゃないトレンド感もプラス。

バーチ材の心地良さ (リビング)

リビング

LDKと間仕切り建具で繋がる洋室の間には敷居がなく、開け放てば開放感のある広々とした空間が生まれます。

バーチ材の心地良さ (キッチン)

キッチン

元々の位置から90度移動させたキッチンは、スペースの有効利用を考えて壁付けタイプに。落ち着きあるブラウンの色目がオシャレなボーダータイルが目を惹きます。キッチンの横には、家電収納スペースも造り付けました。

バーチ材の心地良さ (洗面室)

洗面室

幅90センチの大き目で使いやすそうな洗面化粧台。淡い色合いと模様の風合いが可愛いボーダータイルがポイントです。収納力抜群の三面鏡は使い勝手◎でおすすめです。

バーチ材の心地良さ (寝室)

寝室

ウォークインクローゼットを新たに設けたベッドルーム。天井をグレーの壁紙にすることで落ち着く空間になりました。

バーチ材の心地良さ (廊下)

廊下

バーチ材の床と白い建具(室内扉)の相性の良さを感じる廊下。廊下のような狭い空間で見ると、バーチ材の木目の味わいがよりハッキリと感じられる気がします。

バーチ材の心地良さ (床材)

床材

リノベーション計画の中でも、床材選びはその家の印象を決める大事なポイントです。居心地の良い新居を目指すのならば、ぜひ無垢材のフローリングを選択肢に入れてみてください。バーチの床材、おすすめです!

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、土地・物件探しを担当

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都品川区

費用

設計・施工:765万円

延床面積

50.69㎡

施工面積

50.69㎡

改修規模

フルリノベーション

間取り

2LDK → 2LDK

築年数

25年

完成時期

2019年10月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

手掛けたリノベーション会社のコメント

設計、施工、土地・物件探しを担当

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けたリノベーション会社

リノデュース

株式会社テシオ

リノデュース

対応業務

リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

東京都渋谷区渋谷2-2-6 青山ホワイトアドビービル2F

対応エリア

埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

目安の金額

60平米 フルリノベ

600万円〜

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

リノデュースさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

手掛けたリノベーション会社

リノデュース

@東京都