二世帯住宅

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅

エリア:

神奈川県藤沢市

実施時期:

2012年

内容:

道路と敷地との約60cmの段差をそのままプランに反映して、変化のある重層的なプランにしました。
2階建ての建物ですが6種類の床の高さがあります。
3世代がほどよい距離感で暮らせるように、小さな居場所をたくさんちりばめた、探検したくなる家になりました。

宮田恵実

住まいは生活の器です。 その器の中での日々のくらしの一コマ一コマが楽しく美しく感じられること。 素材の持ち味を活かし、光と風と緑を感じる、時間に耐える力強い空間のかたちであること。 そうして、住まう人や街行く人に末永く愛されるような家を提案していきたいと考えています。