二世帯住宅

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅

実施エリア:

神奈川県藤沢市

実施時期:

2012年

内容:

道路と敷地との約60cmの段差をそのままプランに反映して、変化のある重層的なプランにしました。
2階建ての建物ですが6種類の床の高さがあります。
3世代がほどよい距離感で暮らせるように、小さな居場所をたくさんちりばめた、探検したくなる家になりました。