注文住宅

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅 (ソフトナチュラルなダイニング)

ソフトナチュラルなダイニング

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅 (木の質感を生かした優しい空間)

木の質感を生かした優しい空間

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅 (吹き抜けのダイニング)

吹き抜けのダイニング

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅 (ナチュラルな子供部屋)

ナチュラルな子供部屋

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅 (シンプルナチュラルな寝室)

シンプルナチュラルな寝室

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅 (明るいワークスペース)

明るいワークスペース

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅 (白いタイル貼りのナチュラルな洗面スペース)

白いタイル貼りのナチュラルな洗面スペース

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅 (木の温もり感じる洗面・浴室)

木の温もり感じる洗面・浴室

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅 (白いタイル壁のトイレ)

白いタイル壁のトイレ

『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅 (木の温もり感じる玄関ホール)

木の温もり感じる玄関ホール

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

種別

注文住宅

用途

自宅

居住者

二世帯・多世帯

所在地

神奈川県藤沢市

道路と敷地との約60cmの段差をそのままプランに反映して、変化のある重層的なプランにしました。
2階建ての建物ですが6種類の床の高さがあります。
3世代がほどよい距離感で暮らせるように、小さな居場所をたくさんちりばめた、探検したくなる家になりました。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

宮田恵実

宮田恵実

住まいは生活の器です。 その器の中での日々のくらしの一コマ一コマが楽しく美しく感じられること。 素材の持ち味を活かし、光と風と緑を感じる、時間に耐える力強い空間のかたちであること。 そうして、住まう人や街行く人に末永く愛されるような家を提案していきたいと考えています。

所在地

東京都三鷹市井の頭4-4-12

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

宮田恵実さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

宮田恵実

建築家 / @東京都