注文住宅

豊田市の家2

面積:

147㎡

エリア:

愛知県豊田市

実施時期:

2015年2月

内容:

回遊性、階層を楽しむ大らかな平屋
構成的には2層の建物構成となりますが平屋形式を意識した住まう空間として計画をしています。2層目への動線は極力1層目との距離感を最短とし平屋形式の屋根形状の中で納まるボリューム内にて2箇所ある階段スペースからアプローチするようなレイアウトしています。2層目を含め回遊性を楽しめるレイアウトととし、様々な場所から行き交う光と風にも回遊性が生まれる様な空間構成としています。その様々な場所への移動という行為を通して目線にも変化を感じられ、その行き先々で家族それぞれがくつろげる“場”を楽しめる様な大らかな住まう空間となっています。

建築面積/125.46㎡
延床面積/147.86㎡
主体構造・工法/木造
主要用途/専用住宅

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

m+h建築設計スタジオ 林 誠

建築家 / @愛知県

m+hの家づくりは家族の成長を見据えた空間造りです。お施主様との対話を大切に、そこにしかない敷地環境の場所性を読み取り、そこに住まう家族にとって何が一番大切かを一緒に考えます。家族の気配、季節の変化や時間の変化を住まう空間に流れる光や風の移り変わりによって感じられる、そんな身体的、気持ち的な豊かさを大切にしています。

この専門家のプロジェクト一覧