注文住宅

T邸

エリア:

三重県鈴鹿市

実施時期:

2007年7月

内容:

旧集落の残る鈴鹿市郡山町に、母屋の分家としてこの住宅は計画されました。周辺には田畑や地域の守り神の神社があり、イブシ瓦屋根の家々が広がります。こうした周辺環境と調和しながらも若世代夫婦の明るさある住まいが求められました。
建物は母屋に向かって開けたL型に配置することで、母屋との関係を大切にし広々とした屋外空間をつくり出しています。建物と母屋が最も近接する西側に勝手口を設けました。水回りやゴミ置き場、物干し場などをここにまとめています。母屋とL型建物に囲われた広い庭は既存のみかん畑を緩衝帯にのびやかな住環境をつくります。十分に奥行きのあるL型デッキテラスには「外のリビング」のように人が集まってきます。リビングやダイニング、子供室、テラスが一体感を持ってつながり子供たちが走り回れる構成です。
住まいが家族の成長や周囲との関り合いを包み込む場となることを目指しています。

テラスはみんなが集まる外のリビング。

リビング、ダイニング、勝手口まで庭に沿って空間がつながります。

軽やかな引き戸で、時には仕切って。

少し長めのアプローチ。

この住宅事例を手掛けた建築家

竹内裕子

建築家 / @三重県

景設計室の「景」は、演劇用語で「小さな一場面」を指す言葉。暮らしの中のシーンが溢れる「場」をつくりたい。毎日の食卓やおしゃべりやくつろぎが、お気に入りの場所で広がればと思います。建物と周囲がつながる風景やその場所にしかない風景を大切にしながら、暮らしへの思いを一緒にかたちにし続けたいと考えています。

竹内裕子

建築家 / @三重県

竹内裕子さんの住宅事例