前面に河川、横は崖と敬遠される立地ですが、大開口で素晴らしい自然風景をそれぞれの居場所から楽しめます

注文住宅

川と森を眺めるモダンハウス

川と森を眺めるモダンハウス (吹き抜けを介して子供部屋の眺め)

吹き抜けを介して子供部屋の眺め

子供部屋は吹き抜けに面していて、見下ろすとダイニングやリビングがあります。それぞれ、河川や崖の森が隣接しているので、一望するといろんな風景を眺望することが出来ます。 一般的に子供部屋は隔離されていることが多いと思いますが、もちろんそれは良くありません。家の持つ特性から、心地よいと思われる光や風景は、家のどこに居ても感じられる一体感と、一方で適度は分節を与えることが重要です。

川と森を眺めるモダンハウス (格子が奥行きと趣を与える外観)

格子が奥行きと趣を与える外観

前面の道路からの夕景です。眺望を得るために大きな開口部を設けていますが、西日対策や視線のコントロールのために開放可能な格子戸を計画しました。夕景になると格子を介して内外が繋がり、建物の外観に奥行きと趣を与えます。印象的な外観が街並みを風景へと変化させます。

川と森を眺めるモダンハウス (森に隣接するリビング)

森に隣接するリビング

森に隣接したリビングルームです。正面の道からの目線を遮るため、構造を兼ねたルーバー状の壁を敷地に沿って立てました。大樹を介して終日気持ちのよい木陰が降り注ぎ、その気持ちよさを取り入れるために天井は高くしました。

川と森を眺めるモダンハウス (格子を介して眺める眺望のあるダイニング)

格子を介して眺める眺望のあるダイニング

川に向かうダイニングキッチンです。一枚板を切り抜いたキッチンテーブルがそのままダイニングテーブルとなっています。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

所在地

山梨県大月市

費用

設計・施工:3000万円

延床面積

109㎡

正面に一級河川、横には大樹が茂る崖に接する敷地に建つ変形敷地に建つ住宅です。とりわけ崖地側は苔がむして湿気が多く、一般的には敬遠されますが、この住宅ではその風景を生活のシーンとして取り入れるために、大開口部を崖に向けて設けました。一方で河川への開放的な風景も魅力的ですので、それぞれの風景をそれぞれの居場所から楽しめるように、柔らかく分節し、場所ごとに変化のある生活を楽しめるようなプランを提案致しました。
正面の道路からの目線は敷地の段差のお陰であまり気になりませんが、可動式の格子戸を設けて、視線や西日のコントロールを行うとともに、外観に奥行きと趣を与えています。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

acaa

acaa

家を坪数や部屋数という物差しで計ることは止めた方がいいのではないでしょうか。なぜならば、それは量産住宅にとって設計の手間を省き、建設コストを抑える都合のよいツールであるだけでなく、日本の風土に根ざした住空間の在り方を否定することになるからです。広がりと籠もり感、明るさと陰影が共存する居場所に心地よさを見出してほしいのです。

所在地

神奈川県横浜市中区石川町2-78-10-4F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

acaaさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

acaa

建築家 / @神奈川県