注文住宅

つづきまのいえ

面積:

82㎡

エリア:

東京都中野区

実施時期:

設計:2011.03〜2011.09工事:2011.09〜2012.03

内容:

着慣れた服のようにここちよい和のすまい
日本家屋は、家の中に自然を取り込んできました。また、広がりある開かれたスペースを襖、障子で仕切る続き間という手法で作られてきました。そして、古い材料や建具を上手に転用して、ものを大事にしてきました。私たちは、この考えに基づいて、光と風が気持ちよく抜ける、多彩な眺めを楽しむ住まいをデザインしました。「私のいえには、気に入った場所がたくさんあります。日々の暮らしの中で、求めていた和の心地よさを感じています。」(クライアント)

用途:住宅
構造及び階数:木造、地上2階
規模:敷地78㎡ 延床82㎡
Media:Lives no.64、TV:建もの探訪、ヒルナンデス、有吉ゼミ、他

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

佐竹永太郎

建築家 / @東京都

住宅をデザインすることは生活をデザインすることだと考えています。 次にこれからどのように暮らしていこうかと思いを巡らせること。それはとても素敵なことです。 私たちは、暮らしという物語の中でナビゲーターの一員を勤めます。 今現在、国内外で建築を中心にプロダクトやインスタレーションなどの幅広い活動をし、社会文化・歴史風土に配慮した設計に努めています。施主の方々との話し合いを大切にしながら、建築デザインを通じて暮らしに真摯な姿勢で取り組んでいます。