注文住宅

御柱-ibusiの舎

エリア:

三重県津市

内容:

暮らしの原点を見つめなおす住まい
元株約50cm・八角挽き、杉の「御柱」、藁スサをあらわしとする「土壁」、切り妻屋根・広い土間の「いぶし瓦」
ここに日本人の柱信仰にも通ずる、現代民家が生まれます。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

SSD建築士事務所株式会社 瀬古智史

建築家 / @愛知県

木組み・土壁を基本とした木の家を得意としています。元来、木工・家具から木材に親しみ、空間での木材の見せ方・効果的な利用を考えるうちに、すべてを提案する立場になっていました。 既存の枠にとらわれない、「木を生かす建築デザイン」を提案して行きたいと考えています。