注文住宅

『間口2間の家』

エリア:

愛知県名古屋市

内容:

接道面4.3mという細長敷地に建つ住宅です。
当然ながら建物間口はさらに小さく2間(3.64m)です。
採光確保のため建物ボリュームは手前と奥に分かれており、
1階は渡り廊下で、2階はデッキでつながっています。
デッキ部分には可動オーニング屋根を設置しており、
晴天時は青空の下を通って奥の部屋へ移動できます。

この住宅事例を手掛けた建築家

上原徹也

建築家 / @愛知県

家づくりはライフスタイルの確認作業。 起きて、食べて、遊んで、笑って・・・ ひとつひとつイメージしながら空間に反映させて、 新たな暮らしのお手伝いをしたいと思っています。