大倉山のマンション_リノベーション (書斎コーナー・洗面・浴室)

書斎コーナー・洗面・浴室

大倉山のマンション_リノベーション (天井に間仕切り用カーテンレール)

天井に間仕切り用カーテンレール

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

神奈川県横浜市

改修規模

部分リノベーション・リフォーム

築年数

10年

東急東横線沿線、築10年のマンションリノベーション。40代の夫婦と娘の3人が暮らす。RCラーメン構造の標準的な集合住宅。間取りは一般的な4LDKで、玄関から伸びる長い廊下が各個室をつなぎ、南側のLDKに到達する。採光・通風に有利な角部屋だが、空間を細かく仕切る壁によりあまり明るさを感じない。躯体壁の制約から主寝室と納戸のみ個室とし、その他の空間を完全にオープンにすること、白い内装で統一することが求められた。

コンクリート躯体以外の壁を全て取り払い1室とする。 腰高さの収納家具により、浴室、洗面、子供室、書斎コーナーをやわらかく分節し、各領域を明確にしながら視界が抜ける計画とした。角部屋ならではの3方向から光が隅々までやわらかく行き届き、空気が流れる。浴室まわりや子供室は、来客時および将来のプライバシー確保のためカーテンを取付けられるようレールを天井に埋め込んでいるが、いま現在家族3人の生活では全て開けはなして使用している。これも家族の希望である。
階高や配管スペースの関係から水廻りの位置をほぼ変えることなく、 間仕切り壁をとりはらい、各所の高さや素材を厳選することで過去空間のイメージを払拭することに成功している。

リノベーション前の写真

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

小泉一斉+千葉万由子

小泉一斉+千葉万由子

千葉県千葉市を拠点に活動する建築設計事務所です。 小泉一斉と千葉万由子のふたりが主宰しています。 住まいとは、住宅が建つ環境や住まい手の家族のあり方や構成、距離、生活の習慣などを総合的に考慮し、そこに住まう方にとっての最適なプランニング、プログラムを実現することにあります。 それは、画一的なLDKプランからジャンプした、住まい手のためだけの、住まい手を包摂する家でなくてはならないと考えます。

所在地

千葉県千葉市中央区新宿2-12-1 新宿レジデンス203

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

小泉一斉+千葉万由子さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

小泉一斉+千葉万由子

建築家 / @千葉県