別荘

sayo

種別:

別荘

実施エリア:

兵庫県

延床面積:

345平米

築年数:

2008年

内容:

2階建ての共用スペースと、平屋の宿泊スペースのボリュームで構成される。外壁は黒く塗られた杉板貼とし、周囲の風景と調和させる。各部屋は外部のウッドデッキにより連続する。

玄関

2層吹抜の玄関ホールは、宿泊棟まで続く奥行きのある空間となる。天井は杉板あらわし仕上げで、ナチュラルな雰囲気を出す。

ウッドデッキ

眺望のひらけた方角に、各部屋をめぐるようにウッドデッキを設ける。これにより機能的に仕切られた内部空間をゆるやかにに繋ぐ役割をはたし、様々なシーンが展開することが期待できる。

暖炉の間

暖炉の間にはペレットストーブを設ける。マキと比較して燃料の取り扱いが容易であるとともに木製品の廃材を利用しているので、環境にも良い。バックの壁はモスグリーンの特殊塗装、天井は構造材をあらわし、ナチュラルな雰囲気とする。

玄関

玄関部分の庇は大きく跳ね出させて、駐車スペースを覆う。軒裏の仕上げは、外壁と同様に黒く塗られた杉板貼とし、建物のプロポーションを調整する。

外観

2階建ての共用スペースと、平屋の宿泊スペースのボリュームで構成される。外壁は黒く塗られた杉板貼とし、周囲の風景と調和させる。各部屋は外部のウッドデッキにより連続する。