注文住宅

祖業庵

面積:

145㎡

実施時期:

2004

内容:

「想い出多い〝我が家〟が、ダム事業という公共力の中に消えて行く。見ず知らずの地に移り、一から始める事も多い。
せめて、今までの住まい方やデザインに、長い記憶を取り戻しながら、生きて行きたい。」

そんな建主の意向に添う様な仕事となった。

「つまり〝祖業〟を読み取る」・・・・・それが今回の設計だった。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

橋本伸一郎

建築家 / @栃木県

家は、その人、その家族の為にだけ存在するのではありません。後から次の人が、そしてその次の人が棲みたいと願える様な本物の付加価値を持った不動産でなければなりません。〝いつまでも耐えうる本物〟を追って、これからの人々の為にもなる美しい家を創る。そんな家々が並んだ時、これが日本の街だと誇れますよね。

橋本伸一郎

建築家 / @栃木県

この専門家のプロジェクト一覧