注文住宅

本町の住宅

実施エリア:

東京都

実施時期:

2015年

内容:

都心に近い住宅密集地。
戸建住宅やアパートなどが建て込んだ昔ながらの風情が残るなか、
間口約4M・面積約14坪の敷地に建つ、4人家族の為の住宅。

限られた敷地のなか、
意味ある使える生活空間を最大限確保することを優先しました。
敷地は、許容建蔽率60%、許容容積率は前面道路の幅員より160%。
まず建物の全体の大枠を、
建蔽率(60%)の床を3層積んだ180%分の面積の建物ボリュームとして設定し、
その中で、許容容積160%を超過する分(20%)の面積調整においては、
床面積の削減によりむしろ内部空間に豊かさがもたらされるような方法を探りました。

そうやって出来た、吹抜けや玄関前アプローチのポーチ空間は、
建物に光と風の通り道を作り出し、周辺環境との間に一定のゆとりを作り出す
効果をもたらしています。

家族の生活に必要な各部屋が、
中央の階段を介して柔らかく繋げられたインテリア。
天井高さや光の取り入れ方などそれぞれニュアンスの異なる空間と
それらをつなぐ居場所としての階段。

周辺を近隣家屋に取り囲まれているとは思えない、
シークエンス豊かな、光に包まれたインテリアの住宅です。

ファサード

photo:URBAN ARTS / Shinsuke Kera

リビング

photo:URBAN ARTS / Shinsuke Kera