本町の住宅 (ファサード)

ファサード

photo:URBAN ARTS / Shinsuke Kera

本町の住宅 (ひろびろエントランス)

ひろびろエントランス

本町の住宅 (階段下のスペースを利用したトイレ)

階段下のスペースを利用したトイレ

本町の住宅 (リビング)

リビング

photo:URBAN ARTS / Shinsuke Kera

本町の住宅 (光に包まれたダイニング)

光に包まれたダイニング

photo:URBAN ARTS / Shinsuke Kera

本町の住宅 (光に包まれたダイニングキッチン)

光に包まれたダイニングキッチン

photo:URBAN ARTS / Shinsuke Kera

本町の住宅 (船の甲板をイメージしたルーフテラス)

船の甲板をイメージしたルーフテラス

photo:URBAN ARTS / Shinsuke Kera

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

東京都

都心に近い住宅密集地。
戸建住宅やアパートなどが建て込んだ昔ながらの風情が残るなか、
間口約4M・面積約14坪の敷地に建つ、4人家族の為の住宅。

限られた敷地のなか、
意味ある使える生活空間を最大限確保することを優先しました。
敷地は、許容建蔽率60%、許容容積率は前面道路の幅員より160%。
まず建物の全体の大枠を、
建蔽率(60%)の床を3層積んだ180%分の面積の建物ボリュームとして設定し、
その中で、許容容積160%を超過する分(20%)の面積調整においては、
床面積の削減によりむしろ内部空間に豊かさがもたらされるような方法を探りました。

そうやって出来た、吹抜けや玄関前アプローチのポーチ空間は、
建物に光と風の通り道を作り出し、周辺環境との間に一定のゆとりを作り出す
効果をもたらしています。

家族の生活に必要な各部屋が、
中央の階段を介して柔らかく繋げられたインテリア。
天井高さや光の取り入れ方などそれぞれニュアンスの異なる空間と
それらをつなぐ居場所としての階段。

周辺を近隣家屋に取り囲まれているとは思えない、
シークエンス豊かな、光に包まれたインテリアの住宅です。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

アトリエハコ 七島幸之+佐野友美

アトリエハコ 七島幸之+佐野友美

詩的にシンプルな、それでいてユーモラスな建築をつくりたいと考えています。 要素を削ぎ落とすのではなく、生活の為の設えがさりげない在り方で生活を彩る、シンプルな家。 姿カタチや空間の佇まいに住まい手の個性が垣間見えるような、唯一無二の「生活の容器」を自由で柔軟な発想で追求します。

所在地

東京都江東区富岡1-1-18富岡ビル

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

アトリエハコ 七島幸之+佐野友美さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る