注文住宅

SI-house_薄い屋根と水盤と一体になる家

面積:

136㎡

費用:

3500万円

エリア:

長野県飯田市

実施時期:

2012年4月竣工

内容:

埋蔵文化財の区域に指定されている小高い丘の斜面にある敷地で前方には南アルプスが広がっている。それは、かつての古代人も眺望を欲していたからなのだろうかと思わせるような美しい山並み。部分的に周囲の住宅で分断されているものの、稜線がとても印象的だった。自然とその稜線にそって、屋根が浮遊していった。
周囲の木造住宅のスケールを破壊しないよう、出来るだけ控えめな壁。外周には大きな開口は見当たらないが、十分な光は中庭から。リビングに沿う部分には、水盤。
樹木の緑と共に水面を光がなでる。飯田の気候は、高低差の関係で局所的に異なる場合もあるが、ここから見る眼下の風景は、その微妙な違いを舞台装置のように顕在化させてくれる。日々刻々と変化するその環境をいかに建築に取り込み、ときに抵抗していくか。
フラットな大屋根は、生活を支える拠り所として重要な任務を与えられているが、その重責とは裏腹に軽く柔らかい雲のように浮かんでいる。

photo by Nacasa & partners Inc.

photo by Nacasa & partners Inc.

photo by Nacasa & partners Inc.

photo by Nacasa & partners Inc.

photo by Nacasa & partners Inc.

photo by Nacasa & partners Inc.

photo by Nacasa & partners Inc.

photo by Nacasa & partners Inc.

photo by Nacasa & partners Inc.

photo by Nacasa & partners Inc.

photo by Nacasa & partners Inc.

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

TNdesign一級建築士事務所

建築家 / @長野県

人の感受性を刺激するような建築、気持ち良さを体感できる建築は人間の創造力を最大限 利用しなければ成立しないと考えています。クライアントの想像を超えて、価値を理解し共有しながら建築をつくる事が 建築家の職能だと考えています。しかし、建築は同時に社会の財産の一部です。どんな建築もコストの問題と無縁ではありません。そして、建設コストと価値の大きさをは必ずしも比例しません。当事務所は価値を創出しながら、最小限のコストによる設計を心がけることで、クライアントに最大限の付加価値を提供したいと考えています。