写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

ポジャギが織り成すやわらかな空間。

日本の伝統的な畳が敷き詰められた「続き間」は、ある時は襖を閉じて小さな部屋として、そして、ある時は襖を開けて広く使うことができる。この住宅はその「続き間」の概念の進化形である。設計を始める際に、デザイナーであるクライアントより「ポジャギ」という韓国の伝統的なパッチワークを使うことをテーマとして挙げられた。そこで、クライアントがデザインおよび製作した「ポジャギ」を襖と見立てた「続き間」とすることを考えた。シンプルな平面の中に150角の木列柱壁と可動の「ポジャギ」を配置した緩やかな空間構成とし、「ポジャギ」のレイアウトにより様々なシーンをつくり出している。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この住宅の写真

手掛けた建築家

森清敏/川村奈津子

株式会社MDS

森清敏/川村奈津子

対応業務

注文住宅、リノベーション

所在地

東京都港区南青山5-4-35 ♯907

対応エリア

埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

森清敏/川村奈津子さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

森清敏/川村奈津子

建築家 / @東京都