注文住宅

段原の家 House In Danbara

内容:

区画整理された計画地は、都市計画的な住環境の良好さとは裏腹に、道路を挟み規則的に住居が相対するという画一さを生み出す。
主たる大開口部も自ずと向き合うかたちとなるため、当然プライバシーの確保にも一工夫が求められた。
敷地いっぱいに建てたこの家には、建ぺい率ぎりぎりとに調整された外部の吹抜けが設けられている。
周辺の視線をきにすることなく、存分に光と風を採り入れることができる仕掛けだ。