注文住宅

自分で作るベニヤの家

エリア:

宮城県

内容:

建物本体は建築家の設計、インテリアの大部分を施主自ら工事。
家型のラワン合板の室内空間にセルフビルドで家具を作ったり、壁の珪藻土を塗ったり、タイルを貼ったりした事例。

ステンレスのコンパクトなフレームキッチンは以前の家でも使っていたオーダー品を移設。
手前に見える収納は、なんとお施主様のDIY!
内装のラワン合板と合わせてラワン合板で製作。
引き出しの引手などにアイディアが光ります。

バスルームの壁と床のタイルは、なんとDIY!
置き型のバスタブを置くだけと言うシンプルな造りです。
バスルームと洗面の間には戸がなく、入浴時はカーテンで仕切るため、普段はとても広く感じます。
洗面室の壁のアルコーブを利用した収納は、タオルや着替えなどを置くことができてとても便利です。

リビング全体が吹き抜け。
天井と壁は家型にぐるりとラワン合板が貼られています。
ラワン合板はローコストな材料ですが、オイルフィニッシュするとしっとりとしたいい雰囲気になります。
その空間へ下りていく階段は1段目が長いベンチになっています。

この住宅事例を手掛けた建築家

三浦正博

建築家 / @宮城県

「素」という言葉から何を連想しますか?素足、素顔、素材、色々ありますが、どれも気取らず飾らないものばかりです。しかし、巷にあふれる○○風住宅にはそういった「らしさ」がありません。私たちはそこに暮らす人が「素」のまま気持ちよく過ごせる「素の家」を提案します。

三浦正博

建築家 / @宮城県

三浦正博さんの住宅事例