注文住宅

薪ストーブのある平屋建ての家

エリア:

三重県度会郡

内容:

伝統的構法による「三重の木」の木組み土壁の平屋の家。
薪ストーブの暖気が家中に広がる様に計画しました。

木組み・土壁の家

三重県度会郡、大自然に抱かれる住まいと暮らし、うまく言葉に出来ない大切なものが、そこには沢山ある気がしてなりません。
地域材(三重の木)を用いた直営工事による木組み土壁の家、深い軒に守られた外壁には施主様自身で加工された焼き杉板が用いられています。

瀬古 智史

木組み・土壁を基本とした木の家を得意としています。元来、木工・家具から木材に親しみ、空間での木材の見せ方・効果的な利用を考えるうちに、すべてを提案する立場になっていました。 既存の枠にとらわれない、「木を生かす建築デザイン」を提案して行きたいと考えています。