注文住宅

丘が繋ぐ縁側と様々な居場所

丘が繋ぐ縁側と様々な居場所 (トップライトと縁側を眺めるキッチン)

トップライトと縁側を眺めるキッチン

キッチンとダイニングは、ひと繋がりのカウンターでデザインされています。左には真っ白な壁にトップライトが光りと影を落とし、右には縁側越しに丘の豊かな風景が滑り混んできます。料理をしていても食事をしていても、終日飽きること無く風景を眺めていられるダイニングキッチンです。 縁側に沿った開口部は木製建具の引き戸になっており、全面開口とすることが出来ます。

丘が繋ぐ縁側と様々な居場所 (二つの建物を丘が繋ぐような外観)

二つの建物を丘が繋ぐような外観

コの字型をした建物が丘のある中庭を包み込んでいます。外観はまるで2棟の建物を丘が繋いでいるようにも見えます。 この丘は子供達の遊び場でもあります。

丘が繋ぐ縁側と様々な居場所 (丘からの眺め)

丘からの眺め

丘の上から家を見下ろしています。この丘は基礎工事によって発生する残土を利用して造成されており、高さはおよそ1.5m程度です。芝生をはり、造園家に紅葉をデザインして頂きました。丘を囲むように計画された縁側は、屋内と丘の中庭を繋ぐとても重要な役割を果たしています。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

神奈川県小田原市

費用

設計・施工:3300万円

延床面積

143㎡

小田原の郊外、平坦な地形が続く一角が敷地でした。施主の要望は段差のある家。私は基礎工事によって発生する残土を利用して、丘を包み込むような中庭のある家を計画しました。丘に沿って階段状に上っていく縁側を計画し、家のどこに居てもこの丘の中庭を介して終日自然光が屋内を満たします。
キッチンはダイニングテーブルと一体化し、背後の白い壁に降り注ぐトップライトの明かりが、室内全てに行き渡ります。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

acaa

acaa

家を坪数や部屋数という物差しで計ることは止めた方がいいのではないでしょうか。なぜならば、それは量産住宅にとって設計の手間を省き、建設コストを抑える都合のよいツールであるだけでなく、日本の風土に根ざした住空間の在り方を否定することになるからです。広がりと籠もり感、明るさと陰影が共存する居場所に心地よさを見出してほしいのです。

所在地

神奈川県横浜市中区石川町2-78-10-4F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

acaaさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

acaa

建築家 / @神奈川県