戸建リフォーム・リノベーション

感性あふれるノスタルジースタイルの家

実施エリア:

東京都北区

延床面積:

83平米

築年数:

29年

内容:

N様は、築29年の鉄骨4階建て(地下1階)の中古戸建てビルを購入し、ご自身の夢であるギャラリー経営ができる建物へと全面改装した。中古戸建てビルの前オーナーは建築家で、4階まで続く螺旋(らせん)階段や地下室など随所にこだわりを感じさせる建物であったため、新たにオーナーになるN様もこの想いを引き継ぎ、大切にしたいと考えた。その想いを“カタチ”にしたのがイトーピアホームだった。
以前は、1階がパン屋、2階が住居であったため、N様希望のギャラリーとしての内装に仕上げるには、コストが高くなる。さらに雨漏りなどの心配があり、屋上や外壁などの防水工事は入念に行う必要があった。そのため、内装のコストを抑えるために、既にあるものをできるだけ活かし利用することにした。
例えばキッチンや建具などは、N様が建材市場のアウトレットに何度も足を運び、大きさは設計者と相談しながら取り入れた。さらにN様ご自身が、無垢のフローリング仕上げに天然素材の蜜蝋ワックスを塗り、螺旋階段にはアンティークな塗装をするなど、できる所はご自身の手作業で仕上げを行った。
時間や手間はかかったが、リフォームコストの削減につながった。そして何よりも前オーナーの想いを引き継いだ、ノスタルジーな雰囲気とぬくもりを感じる住まいに生まれ変わった。

Data
□鉄骨造
□延床面積:83.29㎡ 1LDK+S
□スケルトンリフォーム
□リフォーム価格:2,000万円台
□家族構成:2名
□施工期間:3ヶ月

4階のリビングはお気に入りの本をゆっくりと愉しめる大人の空間。

天井にハンモックを吊るす金具を直接梁に溶接することで、しっかり固定され大人が座っても安心。

2階のキッチン

もともとあったオレンジ色のタイルを活かし、キッチン部材はパーツごとに購入、収納ボックスは手づくりした。古い物と新しいデザインがうまく調和している。

2階から3階にあがる螺旋階段

塗装はN様が自らアンティーク風に塗装を行い、味わいを感じさせる。家具や間仕切り扉もアンティークショップで購入。

1階は将来ギャラリーにするための場所

天井はあえて手を加えず、壁面は残った無垢のフローリングを張り合わせて、コストを抑えながらも斬新なアイデアでアレンジ。