注文住宅

落合のコートハウス 6テラス6ガーデン

面積:

150㎡

費用:

5500万円

築年数:

3年

エリア:

東京都新宿区

実施時期:

2013

内容:

東京都心の住宅地に建つユタカな緑と開放的なテラスを持つコートハウスです。 建物には6つのテラスと6つの庭がスキップフロアのようにレベルを変えながら立体的に連続して配置されどこにいても緑を感じることが出来ます。中庭と屋上を一体連続的に整備することで土地を有効活用し、都心の狭小地にありながら自然が感じられる開放的な空間を実現しています。

リビングからのテラスビュー。フレームを躯体内に隠蔽した大型サッシュによりシームレスにテラスとつながります。インテリアは白を基調とし、照明はすべて間接照明となっており余分なものがなく自然とテラスに視線が向かいます。

白を基調とし壁には、自らデザインした特注タイルが貼られています。天井にはスリット状にトップライトが設けられ自然光が差し込み、明るく清潔感のある空間となっています。バスルームにはL型の窓が設けられガーデンへと連続していきます。ガーデンにはラベンダーが植えられラベンダーの香り漂う開放的なバスルームとなっています。

建物には6つのTeraceとそれに寄り添う6つのGardenがスキップフロアのようにレベルを変えて配され立体的に連続していき、どの場所にいても緑を感じることができます。それぞれのGarden には、リビングにはシンボルツリーとして樹齢百年を超えるオリーブの木、バスルームには香り漂うラベンダーガーデン、屋上にはハーブガーデンなど場所に応じて異なる植栽が施され、単なる観賞用としてではなく空間を構成する重要な要素として考えられています。

テラスに寄り添うようにガーデンが配置され、それらがレベルを変えながら階段でつながれ、立体的にみどりが連続していき、どの場所からも自然を感じることができます。

全面道路からの外観。外壁にはスリットを設け、プライバシーを確保しながら周辺環境とゆるやかな連続性を作り出しています。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

安井秀夫

建築家 / @東京都

シンプルな考え方を大切にしています。家の中に十分な光が入り、風が通り抜けていくような自然さを大事にしたいと思います。素材の本質を大切にし、本物を使った"ぬくもり"のある家づくりを心掛けています。住宅以外にも、商業施設・インテリアデザイン等も行っているので、インテリア・商業デザインも得意としています。