戸建リノベーション・リフォーム

竹包隠居 tikuhouinkyo

実施時期:

2000年竣工

内容:

コンクリートのピロティのガレージに、木の床と建具をはめ込み住む。
施主が土間の土を掘ることから始まった。
残土の築山に生える雑草は、日の光を反射し室内を照らす。
新築とリフォームの間。
コストやプロの技術をかけるところと、セルフビルドなどでかけないところのメリハリ。
住むために最低限必要なものから始める。
造るものはしっかりと・・ 後は楽しみながら自分で。

この住宅事例を手掛けた建築家

松井哲哉 / 村田知子

建築家 / @大阪府

家具・住宅から店舗・公共施設まで、 「人」「時間」「自然」などのつながりを大切に、 さまざまな「想い」を形に、より豊かで心地よい空間づくりをしています。 環境問題、健康、安全、景観、まちづくりなど、 現代における社会的な要求にも耳を傾け活動しています。 つながる・つなげる 渦 = UZU あらゆるものはつながっている、、触媒としての建築を。 私たちならではのアイデアで、ジャストフィットした提案をさせていただきたいと思っています。

松井哲哉 / 村田知子

建築家 / @大阪府

松井哲哉 / 村田知子さんの住宅事例