戸建リフォーム・リノベーション

翡翠の家

実施エリア:

新潟県糸魚川市

内容:

_200年の歴史を残す_
定年後、一人暮らしのお母様の元へご夫婦で戻るためのリフォームです。最新の増築部が昭和4年。200年近い歴史ある建物。最初に都内でお話を伺った時に、この建物を活かしたいという思いが伝わってきました。
スタジオ建設部の方々とお邪魔したときには、何よりお母様が「何処の誰さんね」なんてご実家を知っていたり、地域の活動で知り合いだったりとすっかり打ち解けてしまったことが、今回の工事の成功に繋がったと思います。本来の家づくりだなぁと感じたのです。
建物は確かに古いモノでしたが柱が欅だったり、大きな梁や細かい細工の建具など捨てがたい宝の山でした。これを活かしきらなければ、そんな思いでした。「あるモノをそのまま活かしきる」それがコンセプト。
建具も材料も再生再利用。減築と復元、復活と延命。虫に食われたり破損箇所もありましたが、職方達は工夫と技術でカバーしてくれました。建具に貼られた九九表や柱の「0戦隼人」のシール。家族の歴史だけでなく、施主幼少時の思い出もそのまま残しました。堅い職業を勤めたS氏の賑やかな幼少期も目に浮かぶようです。
新しく付け加えたり補修した箇所は、色を合わせず白木のままにしました。新旧がわかるようにする事と、徐々に追いついていく変化を楽しめるように考えました。
床は畳レベルに合わせ、スタジオ・笠原建設が県産材の杉から作っている低温乾燥長かんな仕上の香素杉。厚さ30mmです。ノーワックスで香りを愉しみます。
背の高いS氏には低すぎる建具と梁ですが、住み慣れたこの建物での第二の人生はきっと充実したモノになると思います。
これから50年、100年後、今回のリフォームの真価が問われます。