古民家・町家リノベーション

三国の長屋

手掛けた建築家

設計、監理を担当

三国の長屋 (外観)

外観

密集狭小地の4軒長屋の一つをリノベーションしました。新たに設けたベランダをプライバシー確保のために木のルーバーで囲い、外観にも新たな個性を生み出しました。

三国の長屋 (外観)

外観

密集狭小地の4軒長屋の一つをリノベーションしました。新たに設けたベランダをプライバシー確保のために木のルーバーで囲い、外観にも新たな個性を生み出しました。奥まった玄関や洋室の窓にも目隠しの格子を設けちます。

三国の長屋 (外観夕景)

外観夕景

密集狭小地の4軒長屋の一つをリノベーションしました。新たに設けたベランダをプライバシー確保のために木のルーバーで囲い、外観にも新たな個性を生み出しました。奥まった玄関や洋室の窓にも目隠しの格子を設けちます。夕景です。

三国の長屋 (外観)

外観

玄関周りです。もともとは2軒でひとつの三角屋根の玄関部分でした。路地には鉢植えがいっぱい置かれていましたものを、ハンギングにしました。

三国の長屋 (玄関)

玄関

玄関周りです。もともとは2軒でひとつの三角屋根の玄関部分でした。路地には鉢植えがいっぱい置かれていましたものを、ハンギングにしました。表札のプレートは木製で、建築主の方の水墨画の小品を飾る額ともしています。

三国の長屋 (玄関)

玄関

狭い玄関で飾り棚も設けられませんでしたが、正面の扉をガラス框戸としてガラス部分には建築主の方の水墨画作品を装填して飾れるようにしました。裏側から簡単に入れ替えが可能です。

三国の長屋 (玄関)

玄関

僅かな壁も無駄にはせず 高齢のお母様の腰掛けとスリッパ収納を壁の厚さの中に仕込んでいます

三国の長屋 (食堂台所)

食堂台所

間取りのレイアウトを変更し、ダイニングキッチンを縦に並べました。左手の壁の裏にサニタリーが一列に並んでいます。二列対面のキッチンの上部に天窓を設け 白い断熱塗料で塗られたダイニングキッチンも明るくなりました。ダイニングは全面を壁面収納としてすっきりとまとめ、また、エアコンも出っ張りを少なくなるよう壁厚分埋め込んでいます。

三国の長屋 (寝室)

寝室

高齢のお母様の寝室を1階の日照通風の条件のよい位置に設けました。十分な広さが確保できませんので、ベッドの上部を衣類のハンガースペースとし、壁厚内で小物棚を設けています。

三国の長屋 (画室)

画室

2階の二間は、娘さんの書道教室の部屋と、水墨画の画室に改修しました。ひとたび絵に取り組むと1-2カ月も絵を画机に置いたままとなるそうですので、机をそのままの状態で持ち上げて、その下のベッドでお休みいただくような機構を設けて空間を立体的に効率利用するよう図りました。

三国の長屋 (画室)

画室

2階の二間は、娘さんの書道教室の部屋と、水墨画の画室に改修しました。ひとたび絵に取り組むと1-2カ月も絵を画机に置いたままとなるそうですので、机をそのままの状態で持ち上げて、その下のベッドでお休みいただくような機構を設けて空間を立体的に効率利用するよう図りました。その机を上げた状態です。机にはトレース用のライトボックスが組み込んであり、その灯りがベッドを上げた状態では照明になります。

三国の長屋 (画室)

画室

水墨画の画室の机の様子です。左側にライトボックスが組み込んであります。右側には筆などをそのままの状態でワゴンに収納できるトレイを製作しました。水墨画の長い用紙を前後に垂らすことができるよう、壁からは離して机をセットしています。

三国の長屋 (画室)

画室

2階の水墨画の画室兼寝室です。ひとたび絵に取り組むと1-2カ月も絵を画机に置いたままとなるそうですので、机をそのままの状態で持ち上げて、その下のベッドでお休みいただくような機構を設けて空間を立体的に効率利用するよう図りました。その机を上げた状態です。机にはトレース用のライトボックスが組み込んであり、その灯りがベッドを上げた状態では照明になります。

三国の長屋 (画室収納)

画室収納

2階の水墨画の画室兼寝室です。階段上部を活かして筆洗い用の流しを設けました。上部天袋には描き上がった水墨画の作品の保管庫を設けました。

三国の長屋 (画室収納)

画室収納

2階の水墨画の画室兼寝室です。上部天袋には描き上がった水墨画の作品の保管庫を設けました。指で軽く押すとバネの働きで、水墨画を収めた筒が飛び出す仕掛けです。手前のパネルのラベルで作品がわかりやすく、一つ一つ区画されているので取り出しやすくなっています。

三国の長屋 (書道教室)

書道教室

2階書道教室です。左手の壁は 磁石で書道作品を貼ることができます。窓には落ち着いた光線を得られるよう紙障子を入れています。窓の外には1階屋根上の物干しがあり、出入りのための踏み台も今回制作しました。書道机はこれまで使い続けてこられたものです。

三国の長屋 (書道教室)

書道教室

書道室の一角に床の間を設けました。水墨画の作品は通常の掛け軸より丈が長く、天井いっぱいまでの設えです。床柱は改修前の和室の天井に用いられていた皮付きの丸田です。床の間の壁自体も緑色の和紙を張ったパネル状の構成として、その背後は書道・水墨画関連の書籍を収める棚としています。写真右側の天井を下げていますのは、小屋裏収納を設けるためです。書道机はこれまで使い続けてこられたものです。

三国の長屋 (床の間収納)

床の間収納

書道室の一角に床の間を設けました。床の間の壁自体も緑色の和紙を張ったパネル状の構成として、その背後は書道・水墨画関連の書籍を収める棚としています。

三国の長屋 (階段室)

階段室

階段室の壁も水墨画を飾るギャラリーとしました。眼に近く小品を飾るのにふさわしい場所です。作品の入れ替えは画室の流し部分の壁から容易に行えます。

三国の長屋 (サニタリー)

サニタリー

裏庭部分にありましたサニタリーを移動し一列にまとめました。ギリギリの寸法に抑え込み、壁の厚さを無駄にせずこまごまとした収納棚に利用しています。

三国の長屋 (小屋裏収納)

小屋裏収納

書道教室の上部に設けた小屋裏収納は、和紙などを保管するため総桐仕上としています。畳に座る座敷の書道教室ですので天井を多少低くして、小屋裏収納を確保しました。

三国の長屋 (ベランダ)

ベランダ

水墨画の画室の外に設けた2階ベランダは、密集地のため通風を備えた目隠しの板で囲っています。制作に疲れたひと時、他人の目を気にせずに一息つける屋外の部屋です。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理を担当

用途

自宅

居住者

その他

所在地

大阪府大阪市

延床面積

49㎡

施工面積

49㎡

改修規模

フルリノベーション

階数

2階建て

間取り

3K → 3DK

期間

設計:8ヶ月 、施工:5ヶ月

完成時期

2015年05月

手掛けた建築家のコメント

設計、監理を担当

大阪市内の密集地に建つ長屋の改修です。
朝日放送「劇的!!ビフォーアフター 命がけで背伸びする家」のプロジェクトです。

三国の長屋

大阪市内密集地の、間口2間の住戸が4軒連なる築50年超の長屋の改修です。

一戸当たりの延床面積も50㎡に満たず、窓を開ければ向かいの家と覗きあい声も響き渡る密度です。路地には鉢植えが所狭しと並べられ、子供が遊び回る親密な土地柄でもあります。 驚くほど多くの家財に囲まれ身を置くスペースもないこの家で、高齢のお母様は急な階段の上り下りが負担となり、娘さんは水墨画の制作に励むかたわら、書道教室を営まれています。建物は老朽化も進み、薄い土壁のみで両隣とのプライバシーもない長屋暮らしでしたが長年住み続けた地域への愛着から、お二人はこの住まいの改修を決断されました。
しかしながら建築法規上1㎡たりとも増床は許されず、また4軒で一棟である構造上、基礎や軸組の耐震補強もままなりません。設計者としては出来うる範囲の構造補強と、隣戸との遮音対策を施したうえで、生活の利便と潤いを生み出すことに努めました。

お母様の日常生活は1階で完結するよう、狭いながらも採光通風に恵まれた東端を母寝室としました。浴室便所を界壁沿いに並べ直して間口を開放し、食堂台所を屋外に面する一室としています。その天井には天窓を設け、明るさを導きました。 玄関から直結する階段で上がる2階の一間は書道室として、生徒と生活を分離しました。一角に設けた床の間には丈の長い水墨画も展示できます。続くもう一間が水墨画のアトリエです。 ひとたびとり掛かると2-3ヶ月要する制作に没頭できるよう、大きな机はそのままに天井近くまで昇降し、空間を立体的に活用してその下をベッドとしています。上昇した机の裏面は照明を仕込んだ紙障子として圧迫感を抑えインテリアにも寄与しています。 壁厚も含め僅かなスペースも有効に利用するとともに、水墨画の画材トレイや完成し軸装した作品の保管などその収納勝手にも様々な工夫を施しました。 外壁と室内の壁天井の仕上は断熱遮音塗装とし、水墨画用紙などを収納する小屋裏は総桐張りとしています。

新たに設けたバルコニーには目隠しの木製ルーバーを設け、外観も一新されました。水墨画の小品を飾る杉の表札を眺め、板張りの玄関引戸を開けると正面には、額に見立てた框扉に飾られた水墨画の作品が迎えてくれます。

この改修工事は、朝日放送のTV番組「大改造!! 劇的ビフォーアフター」の “命がけで背伸びする家” として進められました。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

大阪府箕面市西小路5-5-5, 555ビル505

対応エリア

京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 滋賀県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,100万円〜

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

木村哲矢建築計画事務所さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けた建築家

木村哲矢建築計画事務所

@大阪府