注文住宅

赤塚の家

赤塚の家 (テラス)

テラス

水面に映りこむアカリが幻想的な夜のアウトドアリビング

赤塚の家 (エントランスホール)

エントランスホール

最小限のアカリで、建物のコンセプトを表現している。 幻想的なエントランスホール

赤塚の家 (パウダースペース)

パウダースペース

外部とも連続した開放的なパウダースペース

赤塚の家 (洗面室から主寝室を見る)

洗面室から主寝室を見る

奥まって位置にある主寝室。 よりプライバシーの高い空間となっている。

赤塚の家 (アウトドアリビング)

アウトドアリビング

リビングと連続したテラス。 庇の効果で半屋外の空間となっている。 水庭からの気化熱によって冷やされた空気涼しい空間となっている。

赤塚の家 (ダイニング)

ダイニング

上部より優しい光が降り注ぐダイニング。 奥に個室が見える。

赤塚の家 (エントランスホール)

エントランスホール

壁の開きと距離感によって、多様な家族間距離がうまれる

赤塚の家 (リビング)

リビング

色のついた壁が空間のアクセントとなっているリビング。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

種別

注文住宅

所在地

東京都

「距離感」をテーマにした平屋の都市住宅

農地転用により中高層マンションなどが建ち並ぶ周辺環境において、プライバシー確保のため、道路レベルからだけでなく、上部からの見下ろしも考慮した。計画地は都市部としてはやや広く、要望もあって都市部における平屋の建ち方を考えてみた。
家は外部から守られたものであるが、外部を完全に遮断してしまうのではなく、自然や周辺の気配をある程度感じられる適度な「距離感」が大切である。そして、内部においても、家族団欒から一人で静かに過ごす場まで、場と場の「距離感」が多様であることが望ましい。この計画では家の内部(家族)と外部(社会)との距離である「内外間距離」と、家族内の一人一人のプライバシーとコミュニケーションの微妙な距離感である「家族間距離」という二つの視点で空間をつくっている。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

森清敏/川村奈津子

森清敏/川村奈津子

住宅の設計において重要なことは、クライアントとの信頼関係だと思っています。あらゆる角度で可能性を探り、対話の中で潜在的に埋もれてしまっているその家族の住まいにおけるテーマを引き出していきたいと考えています。すべての要望をお聞きした上で、クライアントのイメージをただ具現化するのではなく、その要望を解釈し直しつつ最もテーマとなることは何かを探し出し、明快な構成にしていく。そのためには、とにかく「話すこと」が不可欠です。また、工事監理においても、志と技術レベルの高い工務店との密接な打合せが重要です。クライアントとの打合せには原則2名で参加し、男女双方の視点で設計、監理を進めます。

所在地

東京都港区南青山5-4-35 ♯907

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

森清敏/川村奈津子さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

森清敏/川村奈津子

建築家 / @東京都