別荘

那須の別荘

種別:

別荘

実施エリア:

栃木県那須郡那須町

内容:

別荘地内に建つ別荘。日常から離れ週末住居として自然を感じながら過ごせるよう、敷地の勾配なりにダイニング~リビングに高低差をつけることで屋内外の一体感を生み出すとともに、ダイニングを吊り橋状の階段の巡る吹抜けとすることで、食卓を中心とした全体の一体感を生み出した。吹抜けを巡った廊下の延長にある浴室は、隣地からのプライバシーを守りつつ最大限開放的になるよう設えた。敷地は別荘地としては整備され過ぎた感があったため、外部に対してはガルバリウム鋼板の外壁で閉じつつ、庭に対しては大きく開く外観となった。

吹き抜け

家の中心となるダイニングの吹き抜け。吹き抜けを中心に階段が廻る。

外観

北から吹き降ろす山の風に対して外壁を鉄板にし、開放的な庭に対しては米杉板の外壁とした。

リビング・ダイニング

敷地の高低差なりにリビングとダイニングに段差を設け、低めの天井の落ち着いたリビングと家の中心となる開放的なダイニングを連続させた。

ダイニング・リビング

エントランスのデッキとリビングを同じ高さにし、ダイニングを庭と同じ高さにすることで屋外との一体感を作り出した。またリビングとの段差を利用したベンチがダイニングテーブルを囲むようにした。

吹き抜け階段

吹き抜けを巡る階段はダイニングに対しては背もたれとなるようにし、庭に対しては開口部を邪魔しないよう吊り階段とした。

浴室

非日常の空間として開放的な浴室をとのご要望で、浴室を2階に設けバルコニーと一体とした。