ナンゴのイエ (天井が高く開放感のある一階の廊下)

天井が高く開放感のある一階の廊下

photo by Shinjiro Yamada

ナンゴのイエ (ハイサイドライト・アトリエ)

ハイサイドライト・アトリエ

photo by Shinjiro Yamada

ナンゴのイエ (リビング脇の柱を利用した本棚)

リビング脇の柱を利用した本棚

photo by Shinjiro Yamada

ナンゴのイエ (テラス先にある海と空を望むリビング)

テラス先にある海と空を望むリビング

photo by Shinjiro Yamada

ナンゴのイエ (シンプルなサイディング 倉庫のような外観)

シンプルなサイディング 倉庫のような外観

photo by Shijiro Yamada

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

所在地

神奈川県

延床面積

90㎡

階数

2階建て

茅ヶ崎海岸から近い、元々大きな邸宅が建っていた土地を細分化した、その一番奥に敷地はあり、四方は隣家に囲まれています。このような状況の中で湘南らしい緩やかな広がりをもった場所を作りたいと考えた。

一階の階高を3.75mと通常の階高よりあえて高く設定しました。高い位置に開口部を設ける事が可能となり、隣家の窓と半階ずれた位置関係で、互いの窓が干渉することなく、採光を確保することができます。
幅の狭い廊下も同様に3.35 mの天井高さがあり、壁が切り立った階段室のコアの周りを、縦長のプロポーションの空間が連続し、日常的なスケールから少し逸脱した開放性と回遊性を持ち合わせています。

2階の床レベルも隣家の2階床よりも半階高い位置にあります。東南のテラスのレベルを居室から+0.4mとし、ベンチと背もたれが隣家の屋根を遮蔽し、より上方へと視線を導き、空と海を望むことができます。

単純な階高の操作や垂直方向のスケールコントロールにより、より自由で広がりのある空間が獲得できることを期待しています。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

白子秀隆

白子秀隆

何をするでもなく、ただ居心地のよい時間を過ごせる場所。素直に気持ちがよいと思える住まいを提案していきたいと思います。

所在地

東京都目黒区八雲3-30-1 サクラテラスE

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

白子秀隆さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

白子秀隆

建築家 / @東京都