注文住宅

和モダンの家

面積:

198㎡

エリア:

岐阜県

実施時期:

2013年

内容:

大それたタイトルになっていますが、クライアントの要望の「和モダン」であった為です。
ただ、和モダンという言葉は非常に広義的で、人それぞれ思い描いている和モダンの姿やイメージは異なります。
今回の計画においても、クライアントと建築家がイメージや言葉を介して、和モダンの姿を模索していきました。
この住宅は和モダンの家のひとつ例となりますが、クライアントが変われば、また違う和モダンの家が完成すると思います。

将来的に2部屋に区切るように、対象形になっています。

床面を上げ、さらに天井を低くした床座の書斎です。

葦の傾斜天井が空間の広さを演出します。

家族みんな、仲良く横並びして使用します。

デッキを経由してリビングへ。

低い天井が与える落ち着き。

他の部屋と入口を変えることにより、和室の雰囲気を感じます。

家族分をスペースで区切り独立させています。

床はタイル仕上げですが、床暖房が設置されているので、冬は暖かく、夏はひんやり。

ビタミン系の色が、元気を与えてくれます。

建物の北面に位置しますが、光庭により明かりを感じられます。

デッキとタイル面が内と外を繋ぐ共通の要素となっています。

天井を低く抑えた玄関と、天井の高いリビングが対比します。

右手の木のボックスが、シューズクロークとなっています。

建物の中心に一位置し、廻りの部屋をつなぐ中間帯となっています。

開放性のある建具により、デッキを介してリビングと和室と一体的な空間になります。

低く抑えたボリュームの深い軒が和のテイストとなっています。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

岩田 和哉

建築家 / @愛知県

様々な条件の中、バランスを取りながら心地良い家づくりを心がけています。