戸建リノベーション・リフォーム

都立大学キッチンリノベーション

費用:

800万円

築年数:

20年

エリア:

東京都目黒区

実施時期:

2017年

内容:

東急東横線の都立大学に建つ築20年の戸建住宅のキッチンとこれに続くパントリーのリノベーション。

家が出来てから家族も物も増え、収納量が不足していたことと、設備機器類が古くなり、使用勝手も悪くなっていたため、全面的な改修を行なうこととなった。 元々L型だったキッチンをI型に変更し、冷蔵庫をパントリーに移動、背面収納を大きくとることとした。キッチンと背面収納の間の動作空間は、奥行き1mを確保し、複数人でキッチンに立たれる際も、ストレスが無いように配慮している。 施主ご夫婦は、デザインにもこだわられていて、白を基調としたいわゆるモダンデザインや、ラグジュアリー感が強いものは好みでなく、木の風合いは欲しいけれど、洗練されたイメージを要望された。 今回、キッチンをサクラの突き板で覆うように設計し、且つ洗練したイメージを持たせるために背面収納を限りなく黒に近い青色の塗装にした。 ご夫婦がこだわられたステンレスのカウンタートップとも相まって、緊張感もあり、且つ素材の柔らかさも引き立つキッチンになった。

この住宅事例を手掛けた建築家

小泉一斉+千葉万由子

建築家 / @千葉県

千葉県千葉市を拠点に活動する建築設計事務所です。 小泉一斉と千葉万由子のふたりが主宰しています。 住まいとは、住宅が建つ環境や住まい手の家族のあり方や構成、距離、生活の習慣などを総合的に考慮し、そこに住まう方にとっての最適なプランニング、プログラムを実現することにあります。 それは、画一的なLDKプランからジャンプした、住まい手のためだけの、住まい手を包摂する家でなくてはならないと考えます。

小泉一斉+千葉万由子さんの住宅事例

小泉一斉+千葉万由子さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード