注文住宅

Mountain House

実施エリア:

兵庫県

実施時期:

2015

延床面積:

29平米

内容:

約8坪の土地に大型四輪駆動車を駐車するためのガレージハウス。
車を収めるため建蔽率を目一杯利用することが必須でした。
周囲を気にせずくつろげる私的空間と近隣環境に対して圧迫感のない形状を模索し、建築面積に算入されない階段や庇などを用いながら大きなガレージ開口を持つ木造建築となりました。

書斎

住宅街にある約8坪の小さな計画地。施主との話の中で、「大型四輪駆動車を停める場所」「周囲を気にせずくつろげる隠れ家」という二つのキーワードに着目した。車と土地サイズの関係上、敷地目一杯の建築ヴォリュームが必然となる。隣接地ギリギリまで寄る建築の圧迫感を、壁を傾けることで、隣地建物と三角の隙間をもたらし和らげる効果を狙った。同時に建築面積に算入されない庇やキャンティレバー階段を用い、最大限の空間面積確保を図った。開口は周囲の視線に影響されない天井面に設定し、開閉式の大型天窓を採用。天窓は、傾斜する壁により面積が絞られる天井の大部分を占め、光で満たされる空間が生まれた。屋根と外壁を一体的に包み込むディテールは、モックアップによる検討の上熱曲げ加工とし、建築の輪郭を際立たせている。

ガレージ

住宅街にある約8坪の小さな計画地。施主との話の中で、「大型四輪駆動車を停める場所」「周囲を気にせずくつろげる隠れ家」という二つのキーワードに着目した。車と土地サイズの関係上、敷地目一杯の建築ヴォリュームが必然となる。隣接地ギリギリまで寄る建築の圧迫感を、壁を傾けることで、隣地建物と三角の隙間をもたらし和らげる効果を狙った。同時に建築面積に算入されない庇やキャンティレバー階段を用い、最大限の空間面積確保を図った。開口は周囲の視線に影響されない天井面に設定し、開閉式の大型天窓を採用。天窓は、傾斜する壁により面積が絞られる天井の大部分を占め、光で満たされる空間が生まれた。屋根と外壁を一体的に包み込むディテールは、モックアップによる検討の上熱曲げ加工とし、建築の輪郭を際立たせている。

書斎

住宅街にある約8坪の小さな計画地。施主との話の中で、「大型四輪駆動車を停める場所」「周囲を気にせずくつろげる隠れ家」という二つのキーワードに着目した。車と土地サイズの関係上、敷地目一杯の建築ヴォリュームが必然となる。隣接地ギリギリまで寄る建築の圧迫感を、壁を傾けることで、隣地建物と三角の隙間をもたらし和らげる効果を狙った。同時に建築面積に算入されない庇やキャンティレバー階段を用い、最大限の空間面積確保を図った。開口は周囲の視線に影響されない天井面に設定し、開閉式の大型天窓を採用。天窓は、傾斜する壁により面積が絞られる天井の大部分を占め、光で満たされる空間が生まれた。屋根と外壁を一体的に包み込むディテールは、モックアップによる検討の上熱曲げ加工とし、建築の輪郭を際立たせている。

書斎

住宅街にある約8坪の小さな計画地。施主との話の中で、「大型四輪駆動車を停める場所」「周囲を気にせずくつろげる隠れ家」という二つのキーワードに着目した。車と土地サイズの関係上、敷地目一杯の建築ヴォリュームが必然となる。隣接地ギリギリまで寄る建築の圧迫感を、壁を傾けることで、隣地建物と三角の隙間をもたらし和らげる効果を狙った。同時に建築面積に算入されない庇やキャンティレバー階段を用い、最大限の空間面積確保を図った。開口は周囲の視線に影響されない天井面に設定し、開閉式の大型天窓を採用。天窓は、傾斜する壁により面積が絞られる天井の大部分を占め、光で満たされる空間が生まれた。屋根と外壁を一体的に包み込むディテールは、モックアップによる検討の上熱曲げ加工とし、建築の輪郭を際立たせている。

書斎

住宅街にある約8坪の小さな計画地。施主との話の中で、「大型四輪駆動車を停める場所」「周囲を気にせずくつろげる隠れ家」という二つのキーワードに着目した。車と土地サイズの関係上、敷地目一杯の建築ヴォリュームが必然となる。隣接地ギリギリまで寄る建築の圧迫感を、壁を傾けることで、隣地建物と三角の隙間をもたらし和らげる効果を狙った。同時に建築面積に算入されない庇やキャンティレバー階段を用い、最大限の空間面積確保を図った。開口は周囲の視線に影響されない天井面に設定し、開閉式の大型天窓を採用。天窓は、傾斜する壁により面積が絞られる天井の大部分を占め、光で満たされる空間が生まれた。屋根と外壁を一体的に包み込むディテールは、モックアップによる検討の上熱曲げ加工とし、建築の輪郭を際立たせている。

書斎

住宅街にある約8坪の小さな計画地。施主との話の中で、「大型四輪駆動車を停める場所」「周囲を気にせずくつろげる隠れ家」という二つのキーワードに着目した。車と土地サイズの関係上、敷地目一杯の建築ヴォリュームが必然となる。隣接地ギリギリまで寄る建築の圧迫感を、壁を傾けることで、隣地建物と三角の隙間をもたらし和らげる効果を狙った。同時に建築面積に算入されない庇やキャンティレバー階段を用い、最大限の空間面積確保を図った。開口は周囲の視線に影響されない天井面に設定し、開閉式の大型天窓を採用。天窓は、傾斜する壁により面積が絞られる天井の大部分を占め、光で満たされる空間が生まれた。屋根と外壁を一体的に包み込むディテールは、モックアップによる検討の上熱曲げ加工とし、建築の輪郭を際立たせている。

ガーデン

約8坪の土地に大型四輪駆動車を駐車するためのガレージハウス。
車を収めるため建蔽率を目一杯利用することが必須でした。
周囲を気にせずくつろげる私的空間と近隣環境に対して圧迫感のない形状を模索し、建築面積に算入されない階段や庇などを用いながら大きなガレージ開口を持つ木造建築となりました。

ファサード

住宅街にある約8坪の小さな計画地。施主との話の中で、「大型四輪駆動車を停める場所」「周囲を気にせずくつろげる隠れ家」という二つのキーワードに着目した。車と土地サイズの関係上、敷地目一杯の建築ヴォリュームが必然となる。隣接地ギリギリまで寄る建築の圧迫感を、壁を傾けることで、隣地建物と三角の隙間をもたらし和らげる効果を狙った。同時に建築面積に算入されない庇やキャンティレバー階段を用い、最大限の空間面積確保を図った。開口は周囲の視線に影響されない天井面に設定し、開閉式の大型天窓を採用。天窓は、傾斜する壁により面積が絞られる天井の大部分を占め、光で満たされる空間が生まれた。屋根と外壁を一体的に包み込むディテールは、モックアップによる検討の上熱曲げ加工とし、建築の輪郭を際立たせている。

ファサード

住宅街にある約8坪の小さな計画地。施主との話の中で、「大型四輪駆動車を停める場所」「周囲を気にせずくつろげる隠れ家」という二つのキーワードに着目した。車と土地サイズの関係上、敷地目一杯の建築ヴォリュームが必然となる。隣接地ギリギリまで寄る建築の圧迫感を、壁を傾けることで、隣地建物と三角の隙間をもたらし和らげる効果を狙った。同時に建築面積に算入されない庇やキャンティレバー階段を用い、最大限の空間面積確保を図った。開口は周囲の視線に影響されない天井面に設定し、開閉式の大型天窓を採用。天窓は、傾斜する壁により面積が絞られる天井の大部分を占め、光で満たされる空間が生まれた。屋根と外壁を一体的に包み込むディテールは、モックアップによる検討の上熱曲げ加工とし、建築の輪郭を際立たせている。

ファサード

住宅街にある約8坪の小さな計画地。施主との話の中で、「大型四輪駆動車を停める場所」「周囲を気にせずくつろげる隠れ家」という二つのキーワードに着目した。車と土地サイズの関係上、敷地目一杯の建築ヴォリュームが必然となる。隣接地ギリギリまで寄る建築の圧迫感を、壁を傾けることで、隣地建物と三角の隙間をもたらし和らげる効果を狙った。同時に建築面積に算入されない庇やキャンティレバー階段を用い、最大限の空間面積確保を図った。開口は周囲の視線に影響されない天井面に設定し、開閉式の大型天窓を採用。天窓は、傾斜する壁により面積が絞られる天井の大部分を占め、光で満たされる空間が生まれた。屋根と外壁を一体的に包み込むディテールは、モックアップによる検討の上熱曲げ加工とし、建築の輪郭を際立たせている。