注文住宅

木造の家

面積:

85㎡

築年数:

2年

エリア:

東京都

実施時期:

2013年4月~2014年3月

内容:

木造の家が多く立ち並ぶ住宅街に、正方形のプランを持つ2階建ての木造住宅を計画しました。
ここでは、趣のある家具などで空間を育てていく住まい手の力と想像力を存分に発揮できる自由な空間、これまでにすこしずつ集めたアンティーク家具がそれぞれの味わいを十分に魅せることのできる余白を感じられる空間を、木造という普通の材料を使った普通の工法で、できるだけシンプルにつくることを目指しました。柱、梁は室内にそのままあらわされ、接合のための鉄製の金物も見せています。耐震上必要な壁はすべて外周の壁でとり、柱や梁は規則正しく配置して極力その多くを室内にあらわしています。部屋を仕切る壁は非耐力壁なので、将来の変更のしやすさがあります。天井の高さは約3mと通常の木造に比べて高めに設定しており、体積のある空間の中に家具や間仕切りが自由に配されています。
1階はLDK、2階は子ども室、主寝室、浴室・洗面室から成っています。
浴室と洗面室はシャワーカーテンのみで仕切っているので、非常に風通しのよい、広々とした水廻りです。

シンプルな白い箱型の外観です。
外壁材は、フラットで真っ白のサイディングです。サイディングは、壁と壁が取り合うコーナー部分にアルミのアングルを使い、角をシャープに見せています。

外観の玄関周りです。
ドアは、この家のためにデザインし製作してもらいました。
真っ白の壁に青色がきれいに映えます。ガラス部分には防犯性能の高いフィルムを貼っています。
外灯は、お施主様が選ばれたアンティークのもので、器具をそのまま取り付けるのはむずかしかったので、電気屋さんに現場で微調整してもらいながら取り付けました。

1階の天井高さが約3mのところへ、さらに土間床は下がっているので、とても天井の高い気持ちのよい玄関です。
玄関収納のむこうはリビングです。背の高い収納で目隠しをしながらも、上部は空いているので、玄関からのあかるい光がまわっていきます。

玄関に入ってすぐのところに置かれた洗面器もアンティークです。
屋外で移動しながら使えるもので、給水タンクもついているものでしたので、ここでも、ひょいと移動できるように、でも実際には漏水などが起きないようしっかりと固定する、ということに工夫をしました。工務店さんに、ちいさな鉄の取り付けピースを作ってもらって、目立たないところで固定しています。

キッチンと階段・リビングとの間には窓の開いた冷蔵庫が隠れるくらいの高さの間仕切りをたてています。キッチンは、木製の箱の上にステンレストップとしています。きっちりと角をだした、シャープな表情のキッチンです。
お手持ちのアンティーク家具をならべて使えるように、キッチンスペースは少し広めにしています。

キッチンのとなりはダイニングです。
道路側に面しているので窓は高い位置にとり、通りからは見えないようにしながら光と風は採り入れられるようにしました。

玄関の収納の奥、キッチンの間仕切りの窓の向こう、がリビングです。
お向かいの緑が窓からちょうどよく見え、すてきな借景になっています。

通りに面さない側の壁には地窓をとりました。

階段は鉄骨階段としました。
天井高さが高いので、木でつくると、とても大きくがっしりとつくることになりますが、鉄骨であれば、ずっとすっきりとつくることができます。
また、木の柱梁や、2階床の合板をそのまま見せた、木の質感をつよく感じる空間の中で、鉄という異素材がよいアクセントになっています。

2階も1階と同じく天井高さが高い空間です。
廊下に出る引き戸を2ヶ所とり、将来は2部屋にわけらるよう設計しています。

子ども室から主寝室を見ています。
お子さんからお母さまの洋裁スペースがよく見えます。
家中どこでも居心地がよく、あちこちで人の気配がするような家となるように、と考えて、2階の子ども室、主寝室も天井高さを約3mとりました。

高い天井高さを活かして、主寝室のW.I.C.の上にロフトを作りました。

洗面カウンターは木製、シンクは実験用シンクです。シンクが映えるよう、全体はシンプルに仕上げ、アクセントに少しクラシカルな蛇口をつけました。

浴室の壁・天井はFRP防水、床はモルタルで仕上たシンプルな空間です。
浴槽は、樹脂製の置き型タイプにしました。見た目がかわいらしい上に、女性ひとりでも動かしたりひっくり返したりできるので、浴室全体の掃除ができます。
左に見えるのは、南に面したバルコニーへの窓です。日差しがよく入る明るくて気持ちのよい洗面室・浴室です。

この住宅事例を手掛けた建築家

石井井上建築事務所

建築家 / @東京都

東京小石川で都市型住宅を中心に設計をしています。 都市部で住宅を建てるには、コンパクトな敷地、防火地域、など都市部ならではのむずかしさがあります。私たちは、都市部での新築戸建てを多く設計した経験を活かして、「都市部に自分らしい家を持ちたい!」というお気持ちに答えます。木造はもとより、鉄骨造、RC造にも精通しており、物件ごとに最適な構造形式で設計します。 キッチンや洗面カウンターなども私たちがデザインします。見た目も使い勝手も納得のいく、こだわりの空間作りを体験しませんか。

石井井上建築事務所

建築家 / @東京都

石井井上建築事務所さんの住宅事例