戸建リノベーション・リフォーム

南烏山の家(リノベーション)

面積:

132㎡

費用:

1600万円

築年数:

60年

エリア:

東京都

実施時期:

2013

内容:

築60年の木造住宅のリノベーションです。
ご主人の祖父母がもともと住まわれていた住宅。
かつては細かく和室で区切られた住宅だったものを広くオープンなLDKの大空間に。
キッチンを中心とした家事動線は短く集約し、なおかつ回遊性を持たせる事によって、日々の生活を活性化させます。
南面の庭に対しても全面開放できる大開口を設け、屋外との一体感のあるリビングとなっています。
耐震補強も基礎からすべて施し、この先も長くクライアントから愛され続ける空間となるよう心がけました。

和室を襖で仕切った状態

ゲストルームとして仕切ることもできる和室

この住宅事例を手掛けた建築家

筒井紀博

建築家 / @東京都

その家族、その土地、その時に存在する必然性のある住宅となるよう心がけています。また、住宅では40年、50年と生活します。新築の時が一番美しく、時とともに廃れていくような建築ではなく、人と共に素敵に歳をとる住宅であることが大切だと考えます。笑い皺のたくさんあるご老人達のような住宅が理想ですね。

筒井紀博

建築家 / @東京都

筒井紀博さんの住宅事例

筒井紀博さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード