注文住宅

目白の家

内容:

プライバシーと採光を考慮して、LDKを地下に配置。

敷地は南側と西側の二つの私道に接しており、南側の私道は袋小路となっている。それぞれの私道を取り巻くように住宅が建ち並んでいるが、結果として街並みが互いに背を向けているような印象を受ける。通常、住宅の1階レベルは、プライバシーを確保するために塀があるか窓の少ないやや閉鎖的なものが多くみられるが、この住宅ではリビングを地下に配置することにより、プライバシーを確保しつつも伸びやかな内部空間を実現し、かつ、リビング上部を戸外の視線が行き交う街並みに連続した空間となっている。この街と繋がるオープンな1階が二つの私道に対するエントランス兼ギャラリースペースになっており、視覚的に歩行者に開放される効果をもたらしている。

プライバシーと採光を考慮して、LDKを地下に配置。

敷地は南側と西側の二つの私道に接しており、南側の私道は袋小路となっている。それぞれの私道を取り巻くように住宅が建ち並んでいるが、結果として街並みが互いに背を向けているような印象を受ける。通常、住宅の1階レベルは、プライバシーを確保するために塀があるか窓の少ないやや閉鎖的なものが多くみられるが、この住宅ではリビングを地下に配置することにより、プライバシーを確保しつつも伸びやかな内部空間を実現し、かつ、リビング上部を戸外の視線が行き交う街並みに連続した空間となっている。この街と繋がるオープンな1階が二つの私道に対するエントランス兼ギャラリースペースになっており、視覚的に歩行者に開放される効果をもたらしている。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

森清敏/川村奈津子

建築家 / @東京都

住宅の設計において重要なことは、クライアントとの信頼関係だと思っています。あらゆる角度で可能性を探り、対話の中で潜在的に埋もれてしまっているその家族の住まいにおけるテーマを引き出していきたいと考えています。すべての要望をお聞きした上で、クライアントのイメージをただ具現化するのではなく、その要望を解釈し直しつつ最もテーマとなることは何かを探し出し、明快な構成にしていく。そのためには、とにかく「話すこと」が不可欠です。また、工事監理においても、志と技術レベルの高い工務店との密接な打合せが重要です。クライアントとの打合せには原則2名で参加し、男女双方の視点で設計、監理を進めます。

森清敏/川村奈津子

建築家 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧