注文住宅

architype イエガタのいえ

費用:

1500万円

実施エリア:

大阪府

実施時期:

2010

延床面積:

140平米

内容:

ぐるりを住宅に囲まれた、街なかの旗竿地に建つ住宅です。
近隣に配慮した抑えめのボリュームの中には、外観と同じかたちをしたイエガタの空間がパズルのように収められています。
それぞれのイエガタ空間が有機的につながり合い、家族にとって居心地の良い場所を作っています。

外観写真

隣家であるご家族の住宅といずれは連結すること、古くからある住宅街の旗竿地で長年住み継がれてきた住宅の建て替えなので、お互い様の感覚が根底にあることが、この建物の設計テーマ。
外観は軒を出来るだけ抑えたボリュームに。仕上げも周囲の建物から色をサンプリングして、昔からこの場所にあったようなどこか懐かしい色合いに。
「いえ」という言葉から想起される原型のようなかたちになりました。

模型写真

イエガタのボリュームの中にそれぞれの心地よい場所を求めるため、ひとつひとつの空間それぞれをイエガタに分節して連結する操作を行なっています。
生活を分析し要素を求め、クオリティの流れを見出して連結する。
私たちが設計でいつも大事にしている作業の原型でもありました。

ダイニング上の吹き抜け

リビングダイニングの上部を吹き抜けとしています。
どこか懐かしい「おくどさん」のような場所。

キッチン

上階の子ども部屋から見下ろすとこんな風に。それぞれの場所が分節されつつ繋がっています。
床材はJパネルという杉間伐材を集成した分厚い板にオスモ仕上げ。

リビング

リビングからキッチン方向を見る。
右手の腰壁の向こうは趣味のワークスペース。
大きなガラスの先には、将来連結する家族の住宅が見えます。

子ども部屋

子どもの部屋。
腰窓で階下のダイニングと繋がります。

階段上の窓

階段上の窓。
周囲の建物との関係で窓の位置とサイズを決定しました。
隣家が密集している地域でも、柔らかな光と風を採り入れることが出来ます。

イエガタの天井

子ども部屋。
勾配屋根を活かして階高は最も高いところで3.5mあり、構造を将来ロフト収納なども可能なようにしています。
イエガタの天井が連続して行きます。

寝室

畳敷きの主寝室。
ウォークインクロゼットを隣接し、寝室自体はコンパクトに。ここも天井はイエガタ。
壁はラワンベニヤをオスモ仕上げ。

テラス

寝室と、ダイニング上の吹き抜けを囲む位置にテラスをつくりました。
将来二階レベルで隣家と接続することを想定しています。
ここもイエガタをくり抜いた形状に。全ての窓を同じ位置と形にそろえて、南側バルコニーまでの視線を通しています。

バルコニー

南側バルコニー。
旗竿土地の「旗」の部分にあたるので周囲を住宅の裏側に囲まれており、プライバシーが保たれています。