注文住宅

川崎K-ライフスタイルの変化に合わせ共に成長する住まい

実施エリア:

神奈川県川崎市

実施時期:

2012

延床面積:

91平米

築年数:

2年

内容:

家族の時間を大切にしながら互いがラクに過ごすことをテーマに、ライフスタイルが変化していく過程で必要なものを見極め、親子3人のベースとなる部分をきちんと作った、共に成長していく住まいです。

敷地にあわせたシンプルな外箱の中に、さまざまな領域をコンパクトに配置したり目線の異なるレベルを作ることで、限られた敷地ながらも広さを感じる奥行き感や、風と光の通る道を実現しました。

この住宅では、シンプルで丈夫な構造形式を採用することで、ほぼ外形のみを固定の構造とし、成長やスタイルの変化に合わせて、自由に仕切りや広さを変えることができるようになっています。また、日々必要となる動線を整理することで、無駄をなくすだけの窮屈な住まいではなく、必要なところには余裕を持たせたゆとりのある空間を作りました。

内部では、玄関から続く広めのホールに柔らかな光を取り込み、両側に浴室/寝室/収納などの機能室をコンパクトにまとめ、洗面カウンターを脱衣と切り離してホールに置くことで、朝の準備などの日常動線が重ならない、機能的な流れを作っています。収納も、それぞれの個室にクローゼットを作るのではなく、家族全員の衣類を収納するファミリークローゼットを水廻りの近くにまとめ、日常の生活/家事動線をよりスムーズなものにしています。

2階は広く明るいLDKを中心に、住宅地における日常のプライバシーも考慮しながらリビングから繋がるテラスを作り、キッチンから目の届くところに、独立した子供部屋やゲストルームなどに変えることもできるプレイコーナーとワークスペースを作っています。ただ天井が高いだけのLDKではなく、場所の性格に合わせて天井高を変えることで自由に使えるロフトも作った、家族の時間を楽しむ家族のための、遊び心もある住まいとなっています。

SE構法を採用することで、柱の少ない大きな2階を確保しています。

外観

住宅の密集する地域に建つため、2階リビング前面に繋がるテラスの前には、木の目透し貼りを設置。
視線をカットしながら光と風を取り込む生活を実現しています。

リビング

天井が高く、テラスに繋がるリビング。
キッチン、子供のプレイコーナー、ご主人の書斎など、すべてこの場所に繋がる形で、家族の集う場所になっています。