別荘

薪ストーブのある別荘

種別:

別荘

面積:

1250㎡

費用:

6000万円

築年数:

2014年

エリア:

長野県蓼科

実施時期:

2014年 12月

内容:

仲間が集まり贅沢な時を過ごしたい、そんなご要望にこたえました。
集まる方々は年配の方が多いので薪ストーブや囲炉裏などを設え、
全体的に自然素材をふんだんに使い落ち着いた雰囲気の中で歓談していただけます。
夏はバルコニーで食事をとり自然を満喫、浴室は窓を全て解放すれば簡易的な露天風呂になり雄大な景色を楽しんでいただけます。
建物全体に暖房の熱気が回るように、床下部分などにも入り、床暖房の効果もあります。
夏はリビングから上部の和室などに風邪が抜けてゆくようにデザインされています。

安心感のあるトイレです。

障子を開けるとリビングに繋がり、ロフトを備え、床窓などを設けた遊び心のある和室です。

木製サッシの窓を全面開放すると南アルプスの景色を味わいながら露天風呂に入っているような浴室です。

バーコーナーのある個室です。
雰囲気を変えてお酒を飲みながら歓談できる大人のスペースです。

ホテルのに居るようなシンプルな中にモダンな上品さをだし、十分なスペースをとり機能的です。

リビングから視界が抜け、外の景色が望める光と風を通す階段です。

自然素材のインテリアと統一感のある北欧スタイルのキッチンで材質も気の色合いが違いアクセントとなるデザインで、キッチンもリビングの一部となるような構成です。

キッチン、ダイニング、薪ストーブ、囲炉裏テーブルがひとつになり、ペンダントライトの照明が自然素材の温かみを感じさせます。

特注の木製サッシは全面開放でき、幅広のベランダと一体となります。
朝食など生活の場を外に広げられます。

床下の構造を工夫して掘りごたつの様に足を下ろせるようにしたテーブル形の囲炉裏です。

石(コンクリート)と無垢材という自然素材を基調とした外観です。
バーベキュー用のスペースも設け、ベランダでは食事を楽しめます。

RCの地階にスキップフロアの木造が乗る自然素材の別荘です。
屋根の上部から光を取り込む作りです。

お昼前の午前中に陽だまりが出来るリビングです、
全面開口となる特注の木製サッシから光が入ります。
木の色合いにこだわりました。

自然に囲まれた木の家の中、暗闇に薪ストーブ(暖炉)の火、音、香りを楽しむ贅沢な時間を楽しむための別荘です。
壁、フローリングの無垢材などの雰囲気にこだわってデザインしています。

大空間リビングにするため、木造在来工法でありながら、
柱を廃する構造を考案し採用しました。
木の建物の魅力がよく出た部屋で、薪ストーブの魅力が最大限引き出されます。

生活の中心であるLDKの大空間の中心に薪ストーブを設えました。

この住宅事例を手掛けた建築家

栗谷和彦/田中大輔

建築家 / @東京都

良い建築物を、美しい建築物を、心地良い空間を創りたい。そこに暮らす人々や働く人々、訪れる人々がいつも耀いているような街や建築物を創りたいと考えています。特に住宅を創ることはそこに暮らす家族の物語を紡ぎ出し家族の歴史の記憶を次代に繋げていくことであると思います。また、建築物は個人のものであっても町並みを構成する公的な存在です。美しい建築物、美しい街並みを創り出すこと、そして街の記憶を伝えていくことは建築に携わる者の社会的な責任であると考えています。

栗谷和彦/田中大輔さんの住宅事例

栗谷和彦/田中大輔さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード