戸建リノベーション・リフォーム

2階を増築して、デザイン性の高い上下分離型の二世帯住宅にリフォーム。

2階を増築して、デザイン性の高い上下分離型の二世帯住宅にリフォーム。 (ウォルナットのフロアには床暖房を設置)

ウォルナットのフロアには床暖房を設置

キッチンとひと続きになったダイニングはキッチンのカウンターをオープンスタイルの対面式にしたことで、以前よりすっきりとした空間に。ペンダントライトを取り付け、ウォルナットのフロアには床暖房を設置した。

2階を増築して、デザイン性の高い上下分離型の二世帯住宅にリフォーム。 (一部下がり天井にして間接照明を設置したリビング。)

一部下がり天井にして間接照明を設置したリビング。

TV背面の壁にはウッドタイルを張り、木質感のある温かい空間を演出した。ダイニングから続く床は、床暖房対応のウォルナットフロアに。

2階を増築して、デザイン性の高い上下分離型の二世帯住宅にリフォーム。 (1階のキッチンはL型をオープンスタイルの対面式に変更。)

1階のキッチンはL型をオープンスタイルの対面式に変更。

カウンターの背面にはタイルを張り、アクセントを付けてカップボードを設置した。左の扉は納戸、右の扉はパントリーへと続く。

2階を増築して、デザイン性の高い上下分離型の二世帯住宅にリフォーム。 (玄関床は新しいタイルに張り替えた。)

玄関床は新しいタイルに張り替えた。

ホールの天井と床は既存のままに。玄関は30cmほど幅を広げ、右天井部分を下がり天井とした。

2階を増築して、デザイン性の高い上下分離型の二世帯住宅にリフォーム。 (家具のようなデザイン性の高いミニキッチンを新設)

家具のようなデザイン性の高いミニキッチンを新設

2階のシンプルなリビングには、家具のようなデザイン性の高いミニキッチンを新設。リビングの奥に位置する寝室は、奥様のアイデアによりリビングと段差を付けて空間をゆるやかに分けている。

2階を増築して、デザイン性の高い上下分離型の二世帯住宅にリフォーム。 (現地調査の際に見つけた2本の松の梁を現わしにするために勾配天井に。)

現地調査の際に見つけた2本の松の梁を現わしにするために勾配天井に。

床はなぐり調のオーク材を採用。ソファやテーブルは天井の梁や床、壁との配色のバランスを考えながらセレクトしている。

2階を増築して、デザイン性の高い上下分離型の二世帯住宅にリフォーム。 (明るい印象の2階の寝室)

明るい印象の2階の寝室

白い天井に、オフホワイト系のオークのなぐり調の床がさらに明るい印象をつくる2階の寝室。写真の中央のカウンターは、スマホを置く台として造作したもの。寝室の奥にはウォークインクロゼットを配置した。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工, 監理, プロデュース・コーディネート, インテリア

用途

自宅

居住者

二世帯・多世帯

所在地

愛知県

改修規模

フルリノベーション・リフォーム

階数

2階建て

築年数

28年

間取り

リノベーション前

リノベーション後

-2階を増築するため耐震診断を実施。壁や床など素材感にこだわった空間に-

主人が転勤することになり、転勤先に近い主人の実家をリフォームして住むことになりました。1階は義母と義姉のスペースとし、私たち家族が暮らす2階部分は増築して上下分離型の二世帯住宅に。1階も2階も素材感のある材を使い、私たち夫婦や姉のセンスを上手に取り入れてデザイン性の高い住まいに完成。心配していた耐震性も強化していただき安心しました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

実家に生活拠点を移して、義母たちと同居するにあたり、お互いプライバシーを保てる二世帯住宅にリフォームしたいため。

この事例の見どころや工夫したところ

-便利で快適な同居生活を送るために、
2階のリビングにミニキッチンを配置しました。-

写真のミニキッチンは I様ご夫妻の希望によりキッチンハウスでオーダー製作したものです。リビングに配置するため、デザイン性にこだわった家具のような質の高いミニキッチンです。壁面には古レンガ風のブリックタイルを張り、棚板には味わいのあるアンティーク調の足場板を使用しました。「色合いがお洒落でいいですね」と、奥様はとてもお気に入りのご様子。
ミニキッチンの良さは、2階のリビングでお茶を飲みたいときや、お客様がいらしたときなど、1階と2階を行き来しなくてもスムーズに用意ができること。便利でいいですね。

施主の感想

-要望は「できる、できない」にかかわらず全部伝えて良かった。イメージしていた住まいになりました。-

妻も私も2階のリビングの雰囲気がとても気に入っています。姉は1階LDのウォルナットの床の質感がいいとか、間接照明の下でワインを飲むのが最高だとか絶賛しています。今回のリフォームでは私たちの要望に対して、住友林業ホームテックの担当の方がさまざまな意見や提案を出してくれたので本当に有り難かったですね

担当者のコメント

-2階を増築するため、耐震診断を実施。筋かいやタフパネルで耐震強度を高めました。-

2階の床面積を広げてお神楽増築をするため耐震診断を実施。その結果、1階の壁には筋かいとタフパネルを。2階の壁には筋かいを採用し、家全体の耐震強度を高めました。2階の現わしにした松の丸太梁は現地調査の段階ではサイズなどが明確でなかったため、着工後、何度も打ち合わせを重ね、勾配天井の角度や、梁と天井の隙間の仕上げなどを決定しました。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けたリノベーション・リフォーム会社

住友林業のリフォーム

住友林業のリフォーム

1691年の創業から、森と木を育て続け、自然環境・風土・文化に寄り添う住まいを創り続けてきた住友林業グループ。住友林業ホームテックは、旧家を含む一戸建て、マンション、定価制と幅広く、住宅の再生を手がける同グループのリフォーム専門会社。木に対する深い愛情と敬意をもとに、同グループならではの木の知識や豊富な実績とノウハウ、上質な木材・建材の調達力、そして木の魅力を最大限に引き出す設計力と技術力を活かして、デザイン性の高い上質な住まいを創造しています。

所在地

東京都千代田区神田錦町3丁目26番地 一ツ橋SIビル8階

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

住友林業のリフォームさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

住友林業のリフォーム

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都