注文住宅

大きな部屋と小さな部屋

実施エリア:

愛知県名古屋市名東区

延床面積:

128平米

内容:

この建築物はオーナー住戸と賃貸住戸の2戸から形成されています。
戸建てを建てるだけでは税金など支出ばかりが増えてしまいますが賃貸部分を加えることで収入を確保出来ます。1住戸+1住戸という形式は都市部の比較的狭い敷地に対する一つの答え方ではないかと考えます。1階は上下間の音問題を出来るだけ防ぐためにコンクリート構造とし、2階は温熱環境を考え木造としています。

敷地面積 105.19㎡
用途地域 近隣商業地域
用途 長屋
構造 木造、鉄筋コンクリート2階建て
延床面積 128.82㎡
建築面積 76.05㎡
建設費 3000万円台

屋根 ガルバリウム鋼板横葺き
外壁 ガルバリウム鋼板横葺き
鉄筋コンクリート打ち放し
天井 羽目板張り(チーク)
内壁 珪藻土
床  無垢フローリング(チーク)

低い水平窓のあるリビング

二つの部屋は階段によって区切られていますが、ガラスによる仕切りのため視覚的には連続して見えてきます。壁の下側には連続する水平窓がありやさしい光を室内に取り込みます。

手すりのあるオープン型階段

階段室を登りきると屋上テラスがあります。この屋上テラスも外からのぞき込まれることなく使用することが出来ます。

ビルトインガレージのある外観

幹線道路に面しているため交通量が多く、外に開放的であるよりも外から身を守るようにしています。道路からは一つも窓が見えない外観となっています。また、車好きのクライアントのためにビルトインガレージを用意しています。