注文住宅

シニア世代の木の家

実施エリア:

埼玉県

内容:

昔の農家の「田の字」型のような
おおらかなプランにと、お施主さんのご希望。
リタイヤしてから、
毎日充実した時間を過ごす事が
できるお家が完成しました。

リビング ダイニング

昔の農家の「他の字」型もモデルに
プランニングをした大らかなリビング・ダイニング。
天井は貼らず、屋根勾配をあらわしているので、
とても開放的でのんびりできる空間となりました。
まるで別荘にいるよう。
地元の森の木・西川材をつかい、
とてもナチュラルな印象。

キッチン

北側に面しているキッチンだが、
北面に大きな窓を設けて採光換気を十分とることができる。
2階にあるが、窓はバルコニーに続くので、
ゴミを一時置きしたり、調理器具や、材料を乾かしたり
する事も容易にできます。
天井は貼らずに屋根勾配が見えているので、
広く見えます。

キッチン 収納

プロ仕様のキッチン。
奥様のご希望で、お仕事の延長で使いなれた本格的なキッチン。
すっきりとしていてどこか力強い。
定位置に調理器具を収めていきます。

花台

階段の花台。
季節の花やお気に入りの小物を飾ります。

寝室

広々とした寝室が二間続きで。
広縁の外はウッドデッキ。
外部から内部へ
徐々にプライベートな空間へ繋がるよう
構成されています。

ウッドデッキ

広々とした寝室に面したウッドデッキ。
室内と外部を優しく繋げる。
起き抜けにデッキに出てくつろぐことも出来ます。

ルーフガーデン

ルーフガーデン。
駐車場の屋根を利用して、芝を。
芝を植えることで、明るくよりプライベートな空間になりました。
障子に芝の緑も魅力的。

玄関

この家では、玄関は地下一階となります。
西側に縦長の大きな窓を付けることにより、
十分な採光をとる事ができました。
造作で余裕のある靴だなを設け、側面にはコート棚もあります。
手前の階段室も造作で、上がりやすいよう
蹴上げは低く設定してあります。
階段室脇はエレベーター。

シアタールーム

シアタールームは地下室。
南に窓をもうけているので、空堀を通して十分な光も入ってくるので、
換気もでき、じめっとしない。
簡単な飲食や洗い物ができるよう、
コンロとシンクが設置されキッチンまで上がる必要がなく便利。
壁、天井は漆喰、床はコルクで温かい。

浴室

2階のバルコニーに面し、
大きな窓のある明るく開放感のある浴室。
壁は檜でいい香り。
ゆったりとしたお風呂時間が楽しめる。

トイレ

縦長の窓を大きく取り明るく動きやすいトイレ。
手すりは、木の皮を剥いたぬくもりのあるもの。
木材の産地なので、こんなあそびもできます。

大黒柱の据付

大黒柱の据付。
こちらは地元の西川材。
2階から3階に力強くのびる。

大沢宏

木の家を得意とする事務所で、生まれ育った飯能市が西川材の産地であることから、地域材をはじめ国産材の木と漆喰の家をお奨めしています。  家づくりは大変なことがたくさんありますから、あえて楽しみながらの家づくりができるよう、完成までのプロセスを大切にしています。  自分の家に利用する木の産地へ出向いたり、伐採に立ち会ったり、見て、触れて、体験する家づくりが、とても愛着のある家になり、家族の絆も深まります。  30歳代から60歳代くらいの幅広い家族層での経験、ライフスタイルや趣味、好みもそれぞれですから、家のデザインもそれぞれの家族の個性を表現できれば良いと思い、特に確立したスタイルはありませんが、家族の暮らしを木と自然素材の空間でデザインします。