注文住宅

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅)

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (石畳の玄関アプローチ)

石畳の玄関アプローチ

善福寺公園に近い住宅地で、広い庭もあり、都内では緑の多い環境ですが、 その一方で、敷地は東側にバス通りである坂道の途中にあります。 道路側(東側)はできるだけ奥まった位置に住まいを設けて開口部も限定した位置に設けました。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (南側外観(庭から望む))

南側外観(庭から望む)

道路側(東側)は開口部を限定した位置に設けている一方、庭に面する南側には各室に大きな開口部を設ける家としました。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (玄関(両開きの木製扉を設けた玄関))

玄関(両開きの木製扉を設けた玄関)

1階の玄関は2世帯共用の玄関です。 木製の両開き扉を開けて入る広めの玄関で、2階の子世帯の住まいと吹抜でつながるようにしました。 玄関の床は、アプローチから連続する石貼の土間と、ピンカドという木の無垢板のヘリンボーン(寄せ木)貼。 壁は漆喰塗、トップライトからの光も降りそそぐ明るい玄関です。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (玄関(吹抜けの天井見上げ))

玄関(吹抜けの天井見上げ)

吹抜けの上部にハイサイドライトとトップライトを設けた玄関です。 写真右手は2階の子世帯のリビングへの入口手前、階段を上がった所になります。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (リビングダイニング(南庭と北側の坪庭に面する明るく風通しの良いリビング))

リビングダイニング(南庭と北側の坪庭に面する明るく風通しの良いリビング)

1階、親世帯のリビングとダイニングはワンルーム形式で、キッチンはあまり見せたくないというご要望から、ダイニング脇の独立した場所としています。 リビングは南庭だけでなく北庭にも面する明るく風通しの良い場所としました。 また照明は間接照明として柔らかい光に包まれる場とすることを意図しました。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (リビングから南庭を望む(左手はダイニング))

リビングから南庭を望む(左手はダイニング)

部屋の北側に設けた坪庭の前からリビングと既設の庭を見た写真です。 右手は造り付けのテレビ台。 木製天井と、一段高くなった白い天井との間に間接照明を設け、柔らかな光に包まれるリビングとしています。 壁は漆喰塗りのラフ仕上げ、床は広巾のタモフローリング(床暖用)を使用しています。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (南東の角に設けた明るいキッチン(玄関と勝手口に隣接))

南東の角に設けた明るいキッチン(玄関と勝手口に隣接)

写真は勝手口側よりキッチンの玄関側を見たものです。 左手がダイニングへの出入口です。 家の南東の角に設けた独立型のキッチンは、ダイニングだけでなく玄関側からもつながるようにしました(回遊型プラン)。 また、キッチンからは直接庭に出ることも可能です。 キッチンの正面(東面)は垣根越しに外の様子を見ることができるものです。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (玄関脇の洗面コーナーとキッチン)

玄関脇の洗面コーナーとキッチン

「帰宅してすぐに手洗いやうがいをしたい」というご要望を受けて設けた洗面所です。 玄関から隠れた位置にリビングやキッチンへの入口脇に設けたもので、出がけに服装のチェックのにも活用されているようです。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (たたみの間(入り口から南庭を望む))

たたみの間(入り口から南庭を望む)

客間兼仏間としてのたたみの間は、明るくすっきりとした部屋とすべく、南面は間口いっぱいに窓(+障子)として、襖は1本引、エアコンは隠蔽、杉板は白味のものを使用、という設計にしています。 写真の正面左手は立位で使用する仏壇棚とその下が仏具収納としています。 既存の庭の景色を楽しむ為、幅広の障子は雪見障子とし、換気扇や給気口が室内から見えないように、エアコン格納部や収納棚内に隠蔽としています。 壁は漆喰を木こてで粗めに仕上げています。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (主寝室(入口部より南庭を望む))

主寝室(入口部より南庭を望む)

たたみ間と同様に、壁を漆喰で仕上げた1階、親世帯の主寝室です。 間接照明や枕元に設けた自在に向きを変えることができるブラケット照明等により さまざまなシーンに対応できる照明計画としました。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (坪庭(北庭)を眺める風通しの良い浴室)

坪庭(北庭)を眺める風通しの良い浴室

1階親世帯の浴室です。 年配の方の家の浴室ということもあり、浴室は掃除のしやすいユニットバスです。 浴室は2方に窓があると、自然換気だけでカビが発生する可能性が極端に少なくなります。 この浴室では、東面の低い高さの所に1ヶ所、北面の高い所に1ヶ所設けています。 東面は3方を外壁で囲まれた坪庭に面するようにしているため、回りからの視線を気にせずに浴室からこの庭を眺めることができるようにしました。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (2階、子世帯のリビング)

2階、子世帯のリビング

階段を上がって正面に設けたリビングです。 「洋風(ヨーロピアンスタイル)に」というご要望を受け、腰板やモールディングを設けたインテリアです。 写真はダイニング側よリ見たリビングです。 正面左手が階段室、正面の扉は子供室(楽器練習室)の防音扉、右手窓側にはガス暖炉を設けています。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (2階、子世帯のリビング)

2階、子世帯のリビング

部屋の入口側からダイニング・キッチン側を望む。 正面、造付けのテレビ台の左側のドアの先は外部のテラス、右側の扉の先はダイニングです。 写真左手のガス暖炉がある面が南面、右手の腰壁と一体化した収納棚のある面が北面(坪庭側)となります。 南北に設けた窓により、充分な採光と自然な換気を確保したリビングです。 床はアッシュ材の熱処理仕上げ、壁は漆喰塗のラフ仕上です。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (ダイニング)

ダイニング

「外のテラスにいるようなダイニングにしたい」というご要望を受けたダイニングです。 床はテラスと同じタイル貼、ふたつの大型のトップライトを設けたサンルームのようなダイニングです。 写真の奥はリビング、左手が独立型のキッチン、右手がテラスです。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (大きなトップライトのダイニングとテラス)

大きなトップライトのダイニングとテラス

キッチン越しにテラスと南庭の景色を望む

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (トップライトと床タイル貼のダイニング)

トップライトと床タイル貼のダイニング

テラスよりダイニングを望む。 右手出入口の奥が独立型キッチン、右手がリビング。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (緑に囲まれた2階子世帯の主寝室)

緑に囲まれた2階子世帯の主寝室

敷地の奥の比較的静かな位置に設けた主寝室です。 木部は全てアメリカンブラックチャリーの床材の自然な色合いに合わせることで、 明るく優しさを感じるインテリアとしました。 写真は主寝室の南面、左手はテラスへの出入口、右手は出窓です。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (子供室(楽器練習の為の防音室))

子供室(楽器練習の為の防音室)

リビング脇の子供室は、楽器の練習室を兼ねる部屋です。 屋根、壁、床下を遮音構造として、室内は天井面を吸音仕上げとしました。 屋根の勾配に合わせた高い天井の部屋です。 壁はオガファーザー(再生紙)貼の上、デュブロン(自然塗料)塗。 床は主寝室同様、アメリカンブラックチェリー材。 各所の木部の色はこの床材に合わせてオイルステイン塗としました。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (2階、子世帯のトイレ)

2階、子世帯のトイレ

2階のトイレは南庭を望む明るい位置としました。 リビングなどに合わせたインテリアのトイレです。 手洗いカウンター・キャビネットは造付けの間口の広い収納としています。 壁はエコカラット貼、木部はオイルステイン塗です。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (ビルトインガレージ(入口側より望む))

ビルトインガレージ(入口側より望む)

道路側が広い台形プランのガレージです。 自転車の他、外部で使用するさまざまな物が収納できるゆったりしたガレージです。 写真は車の出入口からガレージの奥、家と北庭への出入口を見たものです。 正面左手のドアからは親世帯の玄関、子世帯の階段室へとつなげています。 冬用タイヤをはじめ、外部で使用する物やその他さまざまな雑品類を収納するため、大きな壁面収納を設けています。 照明はセンサー付照明。 AV車充電用コンセントを設置。 床は駐車場用の塗床仕上げ。 壁仕上は、防火面や耐水性といった観点から、外部仕上と同等のものとしています。

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (ビルトインガレージ(出入口側を望む))

ビルトインガレージ(出入口側を望む)

善福寺の家(広い庭とビルトインガレージのある2世帯住宅) (玄関アプローチの夕景)

玄関アプローチの夕景

アプローチより大きく庇がかかる玄関を望む。 (玄関扉は両開きの木製戸) 右手はガレージ(平屋建て)の外壁です。 アプローチの床石は角に丸みがあり、石の重量感と厚み、年代を感じさせてくれるものを使用しました。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, エクステリア(庭・外構)

用途

自宅

居住者

二世帯・多世帯

所在地

東京都杉並区善福寺

費用

設計・施工:6000万円台(設計監理費用含まず)

敷地面積

440.5㎡

延床面積

231.4㎡

階数

2階建て

間取り

3LDK

期間

設計:7ヶ月 、施工:7ヶ月

完成時期

2016年08月

施工会社

内田産業

杉並区善福寺の住宅地に建つ木造2階建ての2世帯住宅です。
もともと広い庭のある敷地に建っていた昭和初期の建物の建て替えです。
1階はご両親の住まいで2階は子世帯という、2世帯住宅としては
オーソドックスといえる構成の住まいです。
1階は親世帯の住まいとして庭木や池を楽しむ明るいインテリアの住まいに、落ち着きのある和室、坪庭に面する浴室など。
2階の子世帯の住まいはガス暖炉がある洋風のインテリアであったり、テラスのある開放的なダイニング、楽器の練習ができる防音室があったりと、さまざまな要素、要求があった住まいです。
前面道路がバスが通る道でもあり、住まいはできるだけ敷地の奥に配置して、玄関までのアプローチ空間を長く取ったのも特徴のひとつです。

家づくりのきっかけ・施主の要望

「地震対策上や温熱環境、防音性能などの面でしっかりとした家」
「1階はナチュラルなインテリア、2階は洋風な香りがするインテリア」
「既設の庭や池はできるだけ残しながらも敷地を有効に使うこと」
「1階には和室とビルトインガレージを」
「2階には楽器練習室と半屋外的なダイニングを設ける」
といったご要望を受けた住宅です。

この事例の見どころや工夫したところ

東西に細長い家の為、居室は南面させることが可能でしたが、北側の隣家との関係性や通風やプライバシー確保の観点から、建物北側に坪庭を設けた家です。
上下階で異なる生活スタイル、趣味の方が住む2世帯住宅ですので、遮音とかつながりをどのように考えるかはプランニング上、大事な要素でした。

床や造作材は無垢板、その他内装材はタイル、石、漆喰、再生紙、自然塗料といった自然素材を使った家です。
他の家と同様、既製品や石油化学製品の使用を極力少なくすることで
「これからの長い月日を共に過ごすことができる味わいと暖かみのある建築」
となることを期待した住まいです。

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

中川龍吾

中川龍吾

大泉学園の家のリビング

所在地

東京都練馬区関町南4-8-13

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

中川龍吾さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

中川龍吾

建築家 / @東京都