注文住宅

KOT-House

内容:

ダイニングテーブルデザイン
リビングソファーデザイン

ダイニングテーブル

Architect:Masaaki Okuno
Photo:Kanta Ushio
ダイニングテーブルのデザイン
ナチュラル色の木と白色の木のコンビネーションで構成されたダイニングテーブルは、3人家族のいつもの晩餐から、友人等で集うパーティーまで
様々な使い勝手に対応すると共に、そのフォルムは雪国である場所性を反映した「結晶」のイメージを表現している。

リビンクソファー

Architect:Masaaki Okuno
Photo:Kanta Ushio
リビングソファーのデザイン
さまざまな角度を持った建築に沿う様に作成されたソファーは、移動出来るオットマンにより人の輪がつくるシーンを変化させると共に、
一つとして同じ角度の無い形状は、年代を超え様々な人にフィット出来る柔軟性を持ったソファーとなっている。

橋谷 昇

家具から空間へ 家具をきちんとデザインし配置する事で、人が動き、佇み コミュニケーションを取るためのきっかけとなります。 インテリアや建築に於いて、家具をしっかりと検証する事が、 より豊かな場を創るデザインであると考えています。   私共では、家具を軸に空間を含めたデザインを提案しています。   人に身近な存在である家具で体感できる繊細さを、 空間で体感出来るしつらえとする事で、 他には無い緻密さを持ったデザインとなり、 日々の生活に潤いと感動を与える 「家具から空間へ」発展させたデザインを創り出します。