注文住宅

石和の舎

面積:

144㎡

エリア:

山梨県笛吹市

内容:

一歩家に入ると、街中にあるとは思えないほど落ち着いた雰囲気のある天然素材の家。
リビングのすぐ先に幅広のデッキを設けたことで、デッキに出て庭を愛でたいという
気持ちが自然に生まれるようになったという。庭先の井戸水が湧き上がる場所に
岩を配し、そこから小川が流れ出るように造ってある。
小屋の傍に植えたジューンベリーの木に、小鳥がやって来る様も楽しい。
リビングの無垢板の床に寝転がって、無垢の木を見せた高い天井と、曲がりが美しい
赤松の梁を眺めているのが好きだというご主人。
高齢になった時も暮らしやすいように1階にご夫婦の居住空間をまとめている。
屋根の上には、石和の花火を存分に眺めるためのスペースを設ける予定だ。

この住宅事例を手掛けた建築家

中村光次

建築家 / @山梨県

住まいの豊かさは、決して家の形や大きさだけでは決まりません。 住まいの主役である住み手にとって、時間の経過とともに良さを感じられる空間の質が大切だと思います。家族が充実した時を過せる、そんな住まいが必要ではないでしょうか?素材こだわり、空間にこだわった住まい造りをしていきたいと考えています。

中村光次

建築家 / @山梨県

中村光次さんの住宅事例