戸建リフォーム・リノベーション

「古民家再生の家」築150年の古民家の再生

築年数:

150年

エリア:

兵庫県

内容:

慶応3年以前に建てられた築後150年の古い民家の再生と一部の増築である。
もともと茅葺き屋根の民家であったが、昭和26年頃に小屋組みと共に瓦葺きに変更し、2階部分を増設。 また当初の土間部分をダイニングキッチンと応接室、浴室等に新建材で改装していた。 今回、嫁がれていた娘さんの家族がこの家に同居する事をきっかけに、この民家を全面的にリフォーム。 以前の愛着のある古い建物の良さを生かしながら、居住性・耐震性を向上させたモダンな住まいとして 再生を行った。 古い部分材料を残しながら、新しい部分と対比させることで時間の経過を形として表すことを心がけて計画を行った。

再生のポイントは、次の5点が挙げられる。
①伝統的な外観、素材を使用し、懐かしい風景になじむ様に配慮。
②改装により隠れていた柱・梁を現し、本来の空間の豊かさを取戻し、モダンな要素を入れ込むことで、古いものと新しいものの調和を図る。
③トップライト、床暖房、シーリングファンにより居住性の向上を計り、外部・庭との関係を配慮したプランで、 豊かな生活の場を目指す。
④屋根の軽量化、水平面の剛性向上、壁のバランス配置、増強を行う。
⑤階高による床の高低部分以外は、床の段差を無くす。

式台は以前の建物のものを再利用。モダンな雰囲気の玄関となった。特に古民家のリノベーションは古材(建具等)をいかにうまく使うかがポイントとなる。

元の雰囲気を壊さず、懐かしい風景に溶け込むように配慮した伝統的な外観。新しい材木と、古い材木をうまく組み合わせ、味のある外観となった。

低い天井をはずし元々の丸太を露出させた吹抜け上部。
トップライトからは光が差し込む。

元々は北側に面した暗いダイニングキッチンであった場所を、低い天井をはずし丸太を露出させることで、本来の空間の豊かさを持った吹抜けのある家族の憩いの場:リビングへと生まれ変わった。リビングにはトップライト・シーリングファン・電気床暖房を設置し、居住性を向上している。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

古田 充

建築家 / @兵庫県

依頼者である建主さんが設計者に設計を依頼する行為は、設計者の資質や職能・人格を信頼して財産を託す信用行為であると考えています。一般的に、多くの人は住まいを立てる機会が、一生に何度もあることではありません。 それ故に長く住み続ける家・一生に一度の家を満足するものに作り上げるには、住まい手である依頼者とじっくり話をしながら、 その結果を案に反映させていく…、この作業の繰り返しが重要であると考えています。 住まい手との打合せを通じ、小さなイメージ、話の断片を紡いでいくことで、 その住まい手が持つ家のイメージを形にしていきます。 住まい手が満足する家のあるべき姿を探るため、私たちはその作業を惜しみません。 設計に時間をかけ、一生に一度のその住まい手だけの家を作りあげる。 それが私たちの仕事であり、わたしたちの家づくりと考えます。